美しい人がマクラを回避した理由と最後に回避出来なかった理由(タロット占い)

1枚目のカード

カップのキングの逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

カップのキングぼ逆位置ですから、組織内での美しい人の冷遇に

関してだと読みました。

あまり働かなくても高額報酬が貰える立場の人もいれば、休みなく

働いても、働かない人よりも収入が少ない場合があります。

このカップのキングの逆位置は、そのような評価を行っていた

美しい人の上司のような立場でしょう。

このような美しい人への扱いが動機にあったと読むことが出来ます。

2枚目のカード

ソードの2の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

ソードの2のカード自体が判断に対する葛藤を表していますが、

逆位置ですから、それが更に過剰に働きます。

このソードの2の逆位置は、美しい人にとって扱うことが

かなり困難な事態と読むことが出来ます。

3枚目のカード

カップの1の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

美しい人は、2枚目のカード解説の事態を脱するために何らかの

要求をされたと読むことが出来ます。

カップの1のカードは、簡単に言えば、愛情のカードですが、

このカップの1のカードは、「マクラに応じれば(休むことが出来る、

マイペースで働ける)」と読むことが出来ます。

言い方を変えれば、「マクラに応じないのであれば、徹底的に働け」と

要求されたと読むことが出来ます。

もちろん、美しい人は、働くことを選びましたし、それをマクラで

得られる利益の代わりとしたと読みました。

4枚目のカード

月の逆位置

4枚目は、美しい人の対策カードになります。

美しい人自身の何らかの利益となることのために、悪いことを

行ってはいけない(月の逆位置)と考えていたと読むことが出来ます。

月のカードデザインのザリガニの侵入を防ぎたかったと読みました。

このタロット占いの中心となる2枚目のソードの2の逆位置と

併せて読むと、美しい人にとって、どちらも選択出来ない状況の中で

楽になってしまうと、このザリガニが入って来ると読むことが出来ます。

このザリガニの侵入を許せば美しい人の人生は、美しい人自身の意思で

何も決められなくなります。

悪いことをしない(月の逆位置)は、代わりに休みなく働くということでしょう。

5枚目のカード

死に神の正位置

5枚目のカードは、美しい人にマクラを行えば、給与も上がるし、休みも

取れると勧めた側の本音部分を表しています。

利益を失う心配をしていると読むことが出来ます。

マクラ絡みによる高級な人脈でしょうか?

それとも、無理難題(このタロット占いの中心となる2枚目のソードの2

の逆位置)を押し付ける根本的な理由である、独立と美しい人の口座の

問題でしょうか?

6枚目のカード

ワンドのペイジの逆位置

6枚目のカードは、美しい人の深層心理を表しています。

ストレスフルな状態(ワンドのペイジの逆位置)と読みました。

7枚目のカード

恋人の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

葛藤状態(2枚目のソードの2の逆位置)から受け身で引き出された

状況(恋人のカード)と読むことが出来ます。

マクラ等は、嫌だから休みなく働く選択をしたと読みますが、

美しい人も休みが欲しくないわけではありません。

究極の選択を迫られた時に働くを方を選ばざるを得なかった

と読みました。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

取りあえず大きな要因の一つであるマクラを用いて言語化

しましたが、カブトガニの血液で作る製薬会社の商品のカードも

引いてみました。

美しい人は、難しいメッセージを沢山残されていますが、

このような商品に関することも取引の一因だったかも知れませんし

そうでなかったかも知れません。

美しい人は、期限に関する約束を信じていたと読みました。

しかし、美しい人を消した側は、認めることが出来ない背景が

あったと読むことが出来ます。

その結果、時系列問題のブラックボックスの中でマクラを

強硬されたと読むことが出来ます。

7枚目の恋人のカードは、葛藤状態から生まれる可能性であり、

それは、周囲が期待するからこそ引き寄せられるものです。

今回のカードを美しい人を主体に読むと、休みなく働いて能力が

向上したと読めますが、美しい人を消した側を主体にして読むと

周囲の期待は、強制マクラだと読みました。

sponsored link
error: Content is protected !!