美しい人が最も望む愛を与えた恐ろしい女性のタロット占い

1枚目のカード

ワンドの8の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

今回の美しい人を愛した人は、今回の美しい人を愛した人から

美しい人に告発した(ワンドの8の正位置)可能性があります。

それが理由かどうかは、分かりませんが、割と進展が早かった

(ワンドの8のカード)の可能性があります。

2枚目のカード

カップのペイジの逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

1枚目のカードからの続きを考えると不思議なカードです。

傷つくことが怖い(カップのペイジの逆位置)のに、今回の美しい人を

愛した人から告発したことになります。

1枚目のカードは、ワンドの8のカードですから、その後の動きも

スピーディーだと読むことが出来ます。

美しい人を失うことが怖いのでしょうか?

しかし、カード全体をざっと見ると恋愛以外に怖い要素があるような

感じがあります。

3枚目のカード

ソードの9の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

今回の美しい人を愛した人は、取捨選択の結果、自分自身にとって

相応しいものを引き寄せたと読むことが出来ます。

ソードは、知性や分離作用を表します。

ソードの9のカードは、その人が取捨選択した結果、残った最終的な

知性(思想)に従ったと読むことが出来ます。

その結果、正位置であってもソードの分離作用から「別れた」と

読むことが出来ます。

今回の美しい人を愛した人を主体に読んでいますから、今回の美しい人を

愛した人側から別れたと言うことでしょう。

これでは、1枚目のワンドの8のカードの告白が、何だか唐突な印象に

変わってしまいます。

2枚目のカードのカップのペイジの逆位置が表していた恐れは、最初から

別れることを恐れていたようにも思えてきます。

4枚目のカード

ソードのナイトの逆位置

4枚目は、対策カードになります。

今回の美しい人を愛した人は、美しい人への恋心よりも自分自身の役割

(ソードのナイトのカード)を選んだと読みました。

ナイトのカードですから、必ず移動します。

移動に意図があります。

1枚目のカードから3枚目のカードまでの限られた時間を美しい人と

過ごすこと(移動のナイトのカード)が対策内容だったと読むことが出来ます。

ソードのナイトの逆位置ですから知性偏重であり、一般的な恋愛占いであれば

恋よりも仕事といった感じですが、仕事以外のことに価値を見出でしていた

可能性もあります。

それでも美しい人との恋愛よりも仕事を選んだ(ソードのナイトの逆位置)と

読んで良いと思います。

5枚目のカード

恋人の逆位置

5枚目のカードは、美しい人の深層心理を表しています。

最終的に美しい人は、今回の美しい人を愛した人の本音部分が分からなくなった

(恋人の逆位置)と読むことが出来ます。

今回の美しい人を愛した人の対策カードがソードのナイトの逆位置ですから、

このソードのナイトの逆位置は、ある意味、二股だった可能性もあります。

それは、美しい人以外の異性だったのか?それとも何らかの教え(ソードの9の

カード)に関するものなのかは、不明です。

どちらにしても、美しい人は、今回の美しい人を愛した人が分からなくなった

(恋人の逆位置)と読みました。

6枚目のカード

隠者の逆位置

6枚目のカードは、今回の美しい人を愛した人の本音部分を表しています。

隠者の逆位置ですから、美しい人と一緒にいても孤独感や寂しさ(隠者の逆位置)

を感じていた可能性があります。

美しい人とお恋愛に没入出来なかったのかも知れませんし、美しい人との恋愛自体が

今回の美しい人を愛した人にとって妄想や幻想みたいなものなのかも知れません。

限られた時間(1枚目のカードから3枚目のカードの期間が明らかに限定されている)

の妄想(隠者の逆位置)と読むと7枚目のカードの幻想(カップの7の正位置)と

繋がっていきます。

7枚目のカード

カップの7の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

ここまで読んで来ると7枚目のカードのカップの7の正位置は、今回の美しい人を

愛した人にとって美しい人との恋愛関係は、幻みたいなものだったと読むことが出来ます。

最初から限られた期間(時間)の交際だと知っていたと言うことでしょう。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

この恋愛関係は、寂しがり屋の美しい人にとってうんちくを黙って聞いてもらえるような

素晴らしい恋愛体験(恋人のカード)だったと読みました。

今回の美しい人を愛した人は、終始至って心の奥底は、クールだったかも知れませんが、

美しい人のような人(ホロスコープをかなり読み込みました)は、自分自身のこだわりの

中に本当に気持ちが込められていて、それをずっと頷きながら延々と聞いてもらえることに

愛を強く感じる傾向があります。

悪い意味ではなく本当は、気遣いの人ではなく、正確に言えば、自分自身が気遣って

欲しいから、それを他者に進んで行うとても優しい人なのです。

しかし許されるなら、自分自身のこだわりやうんちくを美しい人自身が聞いて

欲しいのです。

そのような時間こそ、美しい人は、愛されていると感じるでしょう。

もちろん、美しい人も愛していると感じたい部分があります。

だからこそ、他人を気遣うのですが、美しい人自身が愛そうとすると、今回の

美しい人を愛した人が分からなくなってしまう(恋人の逆位置)になったのでしょう。

sponsored link
error: Content is protected !!