ボイスの言葉は、ム○ョの言葉なのか?(美しい人のタロット占い)

1枚目のカード

ソードの2の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

最初は、選択に対する葛藤があった(ソードの2のカード)と

読みました。

ム○ョに求められることで資質がめざめた(ワンドの6のカード)

と読むことが出来ます。

ワンドの6のカードですから、成果を得た分だけご褒美になると

読むことが出来ます。

2枚目のカード

ワンドの6の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

このワンドの6のカードは、逆位置ですから、最初は、積極的では

なかったかも知れません。

しかし、3枚目のカードが戦車の正位置ですから、ム○ョを何らかの

理由で受け入れたからこそ、それまで抱えていた状況に白黒付いたと

読むことが出来ますし、理由は、ともあれム○ョから受け入れたもの

(ワンドの6のカードの逆位置)を積極的に進めていく(戦車の正位置)

と読みました。

3枚目のカード

戦車の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

美しい人のタロット占いでは、美しい人が亡くなっていますから

3枚目のカードも過去になることが多いですが、生きている場合は、

これから先を含むカードです。

今後もム○ョから受け入れたものを推し進めていく(戦車の正位置)

と読むことが出来ます。

4枚目のカード

コインの7の逆位置

4枚目は、ボイスの対策カードになります。

コインの7のカードは、カードデザインを優先する人と数札の

性質を優先する人で読み方が異なると思いますが、このブログでは

数札として読みます。

7は、豊かさであり、コインは、具体的な成果ですから、豊かな

成果を手にすると読むことが出来ます。

しかし、コインの7のカードは、逆位置ですから、最終的に

儲からないのか?豊かさが滞っていくのか?と読むことが出来ます。

対策内容としては、これ以上、儲けないことと読むことが出来ます。

5枚目のカード

ソードのクイーンの正位置

5枚目のカードは、ム○ョの本音部分を表しています。

自分自身の価値観に沿って美しくやっていきたいと読むことが

出来ますし、意思が強く、願っていることが具体化することを

望みます。

言い方を変えれば、かなりの自信家なのです。

ム○ョと仮置きしていますが、サイ子かも知れません。

6枚目のカード

ワンドの1の逆位置

6枚目のカードは、ボイスの本音部分を表しています。

自分自身の力を持ちたい(ワンドの1の逆位置)と読むことが

出来ます。

7枚目のカード

死に神の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

死に神の逆位置だけを読むと関係性を切りたいのかも知れませんが、

美しい人を切ったことで大きなチャンスを得たと読むことが出来ます。

しかし3枚目の戦車のカードが加速すればするほど、失敗が多く

なっていきます。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

ム○ョではなく、サイ子でした。

sponsored link
error: Content is protected !!