名が出ない教えと美しい人のタロット占い

名が出ない教えと金持ちのプログラマーの関係性を問いにして

カードを引いてみました。

1枚目のカード

愚者の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

愚者のカードが元々の原因ですから、それまで何らかの形で

誰かのために意義のあったことが、そうでなくなったか、

若しくは、そのようなことを画策したと読むことが出来ます。

逆位置ですから、そのことに関して秘密裏に行いたい(リスクを

負いたくない)と読むことが出来ます。

2枚目のカード

コインの7の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

コインの7の正位置ですから、何かしら流通させたいことが

あるのかも知れませんが、そもそもの始まりが愚者のカード

ですから、そもそも、持っている価値感を手放した状態です。

何かを流通させること(コインの7の正位置)は、明確な目的の

達成ですが、このタロット占いの主体は、そんなことは、

どうでも良いと読むことが出来ます。

目的の結果に関心がないのに何かに取り組んでいる

と言うことでしょう。

3枚目のカード

ソードの3の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

しかし、目的の結果に関心のない目標に取り組むことで何らかの

成果が上がることを期待している(ソードの3のカード)と

読むことが出来ます。

ソードの3のカードですから、何かを妥協してこその生産性です。

これまでのカードの流れと合っています。

逆位置ですから、名が出ない教えは、弱体化を回避しようと

していると読むことが出来ます。

4枚目のカード

正義の逆位置

4枚目は、名が出ない教えの対策カードになります。

とりあえずWINWINになる相手と組む(正義の逆位置)ことが

対策内容になります。

言い方を変えれば、組織内の求心力が急速に落ちている

と言うことでしょう。

5枚目のカード

戦車の逆位置

5枚目のカードは、とりあえずWINWINになる相手

(このタロット占いでは、お金持ちの人)の本音部分を表しています。

目的が達成出来るのであれば、何でも良い(戦車の逆位置)と

読むことが出来ます。

何だかお互い様な流れです。

極めて政治的な判断なのかも知れません。

6枚目のカード

ソードの6の正位置

6枚目のカードは、名が出ない教えの本音部分を表しています。

大切なことを維持するために妥協出来ることは、何でもする

と読みました。

成功するために何かを妥協する(ソードの6の正位置)ですが、

何だか必死な感じが流れにあります。

7枚目のカード

カップのクイーンの正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

本質部分に関心が向かうと今までの様々なトラブルが飛び出して

来る可能性を恐れている(カップのクイーンの正位置)と読みました。

ロマンチックな気分(カップのクイーンの正位置)を教えそのもので

作れない状況に陥っている(求心力の低下)と読むことが出来ます。

カップのクイーンの正位置のネガティブな部分を何とか抑え込む

必要があるのかも知れません。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

今までの様々なトラブルの中の一つに美しい人の件も

含まれている可能性があります。

真相の断片を知っている人は、多いかも知れません。

どこかから少しずつ漏れてもおかしくないのかも知れません。

sponsored link
error: Content is protected !!