虐待と守護霊の関係

sponsored link

本当に困っている時や悩んでいる時には

誰に相談すれば良いのか分からない場合が

多々あります。

占星術を用いるにしても、自分で占えば

自分の限界があり、他人が占っても、

その人の価値観が反映されます。

自分の調子の程度によっては、それが参考に

なりますが、本当に困っている時や調子が

悪い場合は、参考にするどころではありません。

「秘密の恋愛関係と魚座の浄化」で書きましたが、

誰にでも魂があります。

この魂は、神様の一部です。

自分の中に神様の一部があるということは、

信じられないかも知れません。

少なくとも、神様はいるかも知れないという

感受性はどこかにあるものです。

神様は、魂の問題ですから、存在そのもに対する

豊かさに与えてくれますが、何と言っても

魂が主体なので、現実的な豊かさに

置き替えるにはもう少しと言うか、はるかに

人間よりにならないと痒いところに

手が届きません。

そういうところを担ってくれるのが守護霊です。

sponsored link

哲学者や宗教家でもない限り、ほとんどの人は、

現実の豊かさ、占星術的には、金星や木星が

示すようなことを求めて頑張っています。

死を意識したり、死が近づいてくるような不安は

神様が切実に意識され易いものですが、

現実の豊かさを援助してもらうなら守護霊が

そのフォローをしてくれます。

大切なことは、このような観点は、個人的な

ものだと言うことです。

両親は、子供を虐待する人かも知れません。

しかし、その子供が生まれてくる間に、何世代も

命が続いていて、50世代も遡れば、先祖の数は

万単位になる可能性があります。

全員が、全員、虐待者ではないはずです。

自分自身の幸せを願うことは、正しいことです。

正しいというよりも、大切なことです。

自分が抜けてしまうと正義だけが独り歩きをして

他人を殺してしまいます。

躾という虐待は、自分を大切しない人の愛情です。

真に自分を大切にする人の愛情が虐待を

行うはずがありません。

自分自身だけの守護霊を呼び出して下さい。

大切なことは、自分だけで見出すことです。

切実さが呼び起こす命は、お金では買えません。

そんなものは無意味です。

なぜなら、あなたに力を貸す霊にとって

価値のあるものは、あなたの感謝や愛念だからです。

これは、あなたが大切にしていたペットも同じです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!