大島渚さんに学ぶ牡羊座11度の豊かさ

1932年3月31日正午岡山生まれで計算しています。

大島渚さんの太陽のサイン(星座)は、牡羊座10,18度です。

牡羊座を1度ずつ考えると牡羊座11度になります。

個人の魂の成長の段階として現実に経験することと、世の中に

与えるインパクトの意味は別に考えたほうが良いかも知れないと

思わせる度数の一つかも知れません。

sponsored link

牡羊座11度の太陽のサイン(星座)を持つ人は、自分自身が

牡羊座10度までに作りあげた理論的な理想を現実の社会に

持ち込みます。

どうしてそのような価値観を持ったのかという理由付けは

色々個人レベルでなされますが、現実に生まれて来るまでに

牡羊座10度の経験は終わらせて生まれて来るのです。

牡羊座11度の人は、自分自身の理想を妥協なく社会に持ち込むので

常に物事に対して白黒付けることになります。

現実的には、非常に大変なことですが、そうとしか生きようが

ありません。

白黒付けるということは、良い時には、何をやっても上手くいきます。

どうにもならない時期は、どうあがいても無理です。

この大変さを個人レベルで考えると、引いてしまいますが、

新しい価値を世の中に持ち込むというある種の使命と、そうせざる

を得ない、個人的な事情がバランスよく噛み合って働くのが、

牡羊座11度の豊かさです。

大島渚さんも自分の信じる価値を映画監督として前面に押し出して

活動しました。

sponsored link

その結果、逮捕、裁判、無罪と戦うことを余儀なくされましたが、

映画監督としての名声も得ています。

牡羊座10度からの流れなので、自分の存在意義がそれまでに

培った自分なりの価値に全てがかかっていますから、それが

全面的に受け入れられるのか、そうでないかの判断しか出来ません。

そういった意味では、他者との対等にその価値を共有することは

無理になりますが、世の中に新しい価値を持ち込むことが最優先

ですから、それはそれで構わないのだと思います。

太陽のサイン(星座)が示す内容が世俗的なものでないことを

証明するような牡羊座11度です。

大島渚さんが提起した一つに芸術か猥褻かというものもあるでしょうし、

作品そのものに、大島渚さんの価値が込められています。

大島渚さんが太陽のサイン(星座)を無視して、世の中におもねる様に

生きても豊かになることはなかったはずです。

太陽のサイン(星座)がその人に与える恩寵のようなものは、世俗的な

事情を越えた愛、豊かさかも知れません。

牡羊座11度の人が自分を貫けずに妥協することは、存在の消滅

として感じられるので、自分から戦いを降りると鬱になる人もいます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!