高橋由伸さんに学ぶ牡羊座13度の豊かさ

1975年4月3日正午千葉生まれで計算しています。

高橋由伸さんの太陽サイン(星座)は、牡羊座12,74度です。

一度ずつ考えると牡羊座13度になります。

高橋由伸さんが、現役時代になぜ天才と呼ばれたか、それと

同時にコメントの素っ気なさは、裏表かも知れません。

牡羊座13度は、新しい考えを試すことが豊かさのきっかけに

なります。

sponsored link

選手時代であれば、新しい考えを試した結果が失敗だったのか

成功だったのかは、非常に分かり易いものです。

ただ牡羊座13度は、その成否を自分の中で簡単に出してしまう

性質があります。

牡羊座らしいと言えばそれまでですが、成功と失敗の判断の

間に横たわるグレーゾーンを中々見ることが出来ません。

それは言い訳のなさにも繋がります。

言い訳をしない理性の使い方は、スピードを生み出します。

sponsored link

プロ選手の運動能力が高いことはもちろんですが、身体能力だけで

他のプロ選手と大人と子供のような差が付くわけではありません。

それでも結果に大きな違いが生じるのは、他の要因です。

牡羊座13度の思考のスピードがより大きなアドバンテージを

作り出すのだと思います。

ただこのグレーゾーンの無さは、思い付いたアイディアの成否しか

考えないところから来るので、コメントを求められても素っ気ない

態度しか取りようがありません。

高橋由伸さん自身の中に曖昧なものがなくて、反射的に閃いたことを

実践するのであって、「なぜ?」と言われても、多く語るほどの

理由が無いのです。

あるのは、恐らく主観的確信だけでしょう。

選手であれば、プレーは一瞬のことですから、そのスピード感は

周囲の人間から見れば天才として映るのではないでしょうか。

ただそのスピード故に他の人に高橋由伸さんの主観を

理解してもらうのはかなり難しいです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!