星野源さんの恋愛と創作の関係

「逃げるは恥だが役に立つ」で新垣結衣さんと

あんなことになってしまって、星野源さんの

恋愛はどうなんだろうと思って見てみると、

金星とのアスペクトは、正午生まれだと

冥王星しかありません。

真面目なことを言えば、人は、金星的な要素だけで、

恋愛したり、結婚したりするわけではないですが、

重要なきっかけにはなります。

星野源さんの金星は、一度ずつ見ると

山羊座22度です。

そして、その金星とスクエア(90度)の冥王星は、

天秤座25度です。

山羊座22度は、油の乗り切った山羊座では

ありますが、自分からガツガツ行くことに

その本質はありません。

sponsored link

変な話ですが、負けてこそ、失敗してこそ

見いだせる新しさにその価値を見出すような

山羊座の度数なのです。

そして、まるでそれを正しいと言わんばかりに

スクエア(90度)の冥王星が星野源さんの金星を

ひっくり返しに来ます。

スクエア(90度)の関係だと、冥王星の力が

働く時に、金星の力は停止してしまいます。

簡単なイメージで言えば、冥王星が起動すると、

恋愛がストップしてしまうのです。

出会って恋愛に持ち込むまで、かなり無理な

作戦を次々に実行するのにどこかの時点で、

いきなり終わりがやって来るのです。

sponsored link

金星と切り替わる冥王星は天秤座25度です。

これは、まさに星野源さんの働いたような

強制力を連想させます。

なぜなら、天秤座25度は、天秤座24度で

普通ではない体験をして働く強制力だからです。

そこで、そういう流れで誰もがイメージするのは、

くも膜下出血ではないでしょうか。

天秤座24度で、日常生活では滅多に

触れられない抽象化された生命の在り方に

触れた星野源さんは、25度の段階で、

それを日常に持ち込むのです。

くも膜下出血は、かなり高い確率で

生命の危機になり得る病です。

この病気は一つの象徴でもあり、

星野源さんにとっては、このスクエアの働きの

ダメ押し的総括になったと思います。

星野源さんにとって病気ではない非日常と言えば、

創作だと思うのです。

そこで触れた何かしらの視点と

失敗することで得られる大事なことが

スクエアの関係にあるのです。

星野源さんの創作の質が変わるタイミングと

恋愛関係の変化は交互に訪れる形で

密接にリンクしていると思われます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!