月を守って幸せになる

愛はあると感じられるには、月と太陽の

コンビネーションが基本にあります。

月は、その人の安心感の源ですし、

行動の起点でもあります。

根本的な安らぎや健康とダイレクトに

繋がっているのです。

アルフレッド・アドラーが

「子供にとっては 家族が世界のすべてなのだ。

親に愛されなければ 死ぬしかない。

だから子供たちは 全力で親に愛されようとする。

そのときとった命がけの戦略がそのまま性格形成に

つながっていく。」

と述べています。

sponsored link

無意識に愛されるためという月の無意識の自動性、

命懸けの戦略は愛されるための情緒形成でしょう。

意識出来る部分の性格は学び直すことも可能ですが、

感じ方の修正はほぼ不可能です。

月を上塗りすることで、違った要素を

足すことは可能ですが、脳の中の原始的な

部分のように普段は、奥深く眠っているだけです。

負の要素に関しても、受け入れるか、

受け止める力を付けるかということになります。

月が脆弱であれば、何かもが簡単に壊れていくので、

努力を無にしないためにも守らなくてはなりません。

太陽の意思も大切です。

自分の道を歩まなくては、人と上手く

繋がることが出来ません。

自分の意思で何かを始めなければ、

自分で考えることすら無理です。

積極的になるには、まずある程度の情緒的な

安心感が満たされなければ無理ですが、

上手く回転させて、相互に補完しながら少しずつ

目指すものに近づいていくしかありません。

人は、目指すもの、場所に何度でも向かって行きます。

それは、その人の霊的な部分にとって

エネルギーをチャージするようなポイントだからです。

漠然としたエネルギーをギュッと押し固めて、

個としての輪郭を保つような緊張から

解放される場所です。

sponsored link

肉体や感情を守るために、現実のルールは大切です。

しかし、そのルールから導き出される目標等は、

あくまでもその中での価値です。

もし、何か苦しい状態にあるならば、

自分に合う漠然としたエネルギー帯に

身を置いてみるのも良いかも知れません。

そのような場所には節目、節目で自然と

足が向くものです。

そして、その都度、印象も育っていきます。

現実のルールを横に置いて、内在する霊的な感じ方で

自分を見直すことで、少し良い方向にジャンプ

出来るかも知れません。

あんまり飛び過ぎると現実が付いてこれませんし、

霊的な力を活用する時はバランスがとても大切です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!