山羊座の常識と裏切りは、紙一重の番外編

sponsored link

山羊座は、特定の集団に対して、自らを捧げる

抑圧的な行動パターンが働くことで、

どうしても特定の集団の論理に染まってしまいます。

それぞれの集団には、組織としての人格が

ある以上、利益、不利益の判断が働きますから

ある種の妥協や腐敗は免れません。

と言うよりも、そのような性質は、人格が

宿る以上、当然のことです。

理想的なことではありませんが、現実に

適応しながら機能するということは、

そのような部分が全く無い方が問題です。

そのような現実的な山羊座の中にも、

理想の卵みたいなものは残っています。

これは、一度何かの情熱に火が付いて

地熱のように、ジワジワと温まり出すと

やがて孵化して真っすぐに天に向けて

伸びていきます。

そうなると、自分の属する集団そのものを

裏切る場合があります。

結果として組織の改革者なのか、

内部告発者なのかは、個人のキャラクターや

器、力量に寄りますが山羊座には、

そのような側面もあります。

山羊座の常識は、裏切りと紙一重は、こちらです。

12サイン別、紙一重の裏切り は、こちらです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!