長瀬智也さんの大胆さと繊細さが窺える第1ハウス

sponsored link

長瀬智也さんを改めて観ていくと第1ハウスに

天体が5つも入っていて、スター性というか

ある種の派手さが窺えます。

これだけ第1ハウスに天体が集まると、

それだけでも濃いキャラクターであることが

分かります。

第1ハウスの太陽は、プライドの高さを

表しますし、蠍座なので、自分の所属する

グループであるTOKIOにもとても愛着が

あると思います。

しかも第1ハウスの射手座の水星は、体験型の

知性で、様々な経験が出来るTOKIOでの

活動はとても合っていると思われます。

第1ハウスの金星は、個性が魅力に繋がり易く

芸能界で活躍するには、とても有利です。

ある種の華があるタイプです。

天王星が第1ハウスにあるので、子供の頃に

苦労されたかも知れません。

月がサビアン度数水瓶座4度なので、周囲の

大人を当てに出来なかった可能性が高いです。

この月は、第3ハウスにあるので、自分の

関心があるものしか受け付けない傾向が

強くなります。

太陽サインだけを見るとリーダー的資質が

ありそうですが、月という無意識な部分まで

含めると良いリーダーに恵まれた方が

より個性を発揮出来るタイプです。

第1ハウスの支配星である冥王星は、ギリギリ

第11ハウスに入っています。

これもTOKIOでの活動は、合っていると

思われます。

これだけ濃い第1ハウスで、俺が、俺がな

感じですが、他にリーダーがいてグループ活動を

した方が個性が育つ感じなのです。

しかも、第11ハウスなので、ほぼ対等な

関係なのも良い影響です。

ルールでがんじがらめになるようなことでは、

魅力は発揮出来ません。

少し気になるのは、第1ハウスの支配星である

冥王星は、第12ハウスの影響を受けるような

位置取りをしていて、かなり繊細な部分も

あるということが窺えます。

ここでも、水瓶座の月がちらほらと主張してる

気配を感じるのです。

長瀬智也さんの月は蠍座の太陽サインと直接の

アスペクトはありませんが、やはり蠍座の太陽と

水瓶座の月の組合せは大変です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!