安倍晋三首相は、本当にケチなのか?

sponsored link

安倍晋三首相は、本当にけちなのでしょうか?

1954年9月21日2時35分生まれで

計算してみました。

ケチと言えば、第2ハウスを確認すると

冥王星があります。

第2ハウスに冥王星になると、金銭に関して

極端な態度が形成されます。

全く気に留めないか、極端にお金に

細かくなるか、ほどほどがないのです。

その結果、経済状態も上下に振れ易くなります。

安倍晋三首相が破産と言う様な噂はないので

金銭については、関心を持って取り組んで

いらっしゃるということでしょう。

そうなると、経済的な面に関しては

シビアに取り組んでいることが想像されます。

仕事を依頼した相手や内容はともかくとして

報酬の支払いに対しても、シビアに査定することは

十分に考えられます。

第2ハウスの冥王星であれば、

要求した仕事に対しての達成度合いを

詳細に検討して報酬を勘案したのかも知れません。

仕事は、ただやれば良いというものでは

ありませんから、達成内容に不満があれば

念書を交わしていても査定の結果、報酬を

値引くことはありでしょう。

念書に法的な力はありません。

契約内容によっては、そもそも

支払いに応じる必要がない場合もあります。

安倍晋三首相は、政治家ですから、

そのことについて気が付いた可能性もあります。

安倍晋三首相の第1ハウスには、

天王星があります。

この場合は、天王星らしい常識に捉われない

発想が、生育環境から身に付くことになります。

人生で発生するピンチは、この常識に捉われない

発想に基づく行動から起こることが多いのですが、

第1ハウスに天王星がある人には、当たり前の

ことなので、なかなか原因に気がつきません。

余談ですが、昭恵夫人と、この第1ハウス

天王星は、とても親和性があります。

sponsored link

安倍晋三首相の場合は、

契約内容によっては、そもそも

支払いに応じる必要がない場合ということを

依頼した後から、気が付いたのかも知れません。

ところが、それを生業にしている人たちから

したら、依頼された仕事をしたのだから

約束の報酬を支払って欲しいと要求することに

なります。

安倍晋三首相の第2ハウスの支配星である太陽は

第3ハウスなので、自分自身の利益については、

旺盛な洞察力を働かせます。

そのようなキャラクター的要素を考慮すると

依頼した仕事の達成度合いに不満があれば

報酬を減額することは当然でしょうから

安倍晋三首相をケチと断定するには、

事実を詳細に検討しなくてはならないでしょう。

表向き依頼し難い仕事は、民法に基づく

契約とならないために、達成度合いと

報酬の関係については口約束だった

可能性もあります。

そのような曖昧な部分は、トラブルの

原因になります。

しかし、如何なる理由があっても

火炎瓶を投げることは駄目です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!