樹木希林さんに学ぶ難しい愛情のバランスを生きる姿

樹木希林さんが、亡くなられました。

もうすぐ平成が終わろうとする時に、これまで

活躍されていた方々が、駆け足気味で

亡くなっていかれるような気がします。

樹木希林さんは、若い頃から渋いのに、

CM、ドラマ、映画、コント、歌等

あらゆる場面で輝きを放つ不思議な女優さんでした。

sponsored link

改めてホロスコープを見ると、太陽サインは、

何時生まれでも山羊座の完成度数で、

生粋の仕事人です。

生まれ時間が分からない場合で、生まれた時の本名が

分かる人は、姓名判断を補足的に使っていますが、

その辺りを考慮すると、月は牡牛座のガッツ溢れる

度数かも知れません。

牡牛座は、五感に関わるイメージが強いかも

知れませんが、意外と戦う気力に満ちています。

太陽サイン以外は、風や火のサインが多く

泰然自若と言うか、マイペースな安心感は

牡牛座の月の力でしょう。

樹木希林さんのユニークな愛されキャラは、

金星水瓶座の感性が反映されているように

思われます。

樹木希林さんの誕生日の金星は、動きが速く

サビアン度数水瓶座、8~10まで幅があります。

この辺りは、もっとも水瓶座らしい愛され方を

求める金星になります。

非個人的とも言えるような感じで、

好きな人であっても自分は、自分という

割り切れている部分があります。

普通の感性であれば、正し過ぎて個人の愛を

見出せないような平等な愛情感覚があります。

夫の内田裕也さんの態度は、水瓶座の

純粋な精神の度数域に金星がある樹木希林さんに

とっては、ありだったのでしょう。

離婚取り消しの訴訟に関しては、太陽サイン

山羊座、月サイン牡牛座という根っからの

常識人のような配置が許さなかったのかも

知れません。

自分自身(太陽サインと月サイン)の価値と

このように愛されたいという金星水瓶座の

凄まじいギャップは、覚悟と言うか

強烈な開き直りを生むことは想像に難くありません。

sponsored link

恋愛や結婚で月の相性が良い場合、

悪い場合に感じる気持ち

に、月の相性のことを書きましたが、

このような気持ちは、そもそも自分自身の

愛情に対するバランスが反映される

ものでもあります。

月サインが牡牛座である樹木希林さんにとって

金星水瓶座のように愛されたいという願望は

好きな人といる自分を好きになれるかという

スタンスと好きな人がいないと寂しいという

気持ちを両立させるためのバランスを

仕事でもプライベートでも実現する方向に

向かって行くものだったかも知れません。

牡牛座にとって水瓶座の独創性は非常識に

感じられて不愉快に感じる場合が多いですから

非常に難しい配置で、実際に一度離婚されています。

難しいそれぞれのニーズをどのように

満たすのかという生き様を見せて頂いたように

思えてなりません。

本木雅弘さん婿養子となって家族に加わったことで

樹木希林さんの愛情との向き合い方が更に

深まったような気がします。

夫の内田裕也さんも取材されるでしょうが、

いつもの言葉以外を聞きたいような

そうでないような気がします。

心よりご冥福をお祈致します。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!