美しい人を通して利益を生み出す人々の愛

1枚目のカード

ソードの1の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

今回の美しい人を愛した人は、愛について何らかの決意をした

(ソードの1の正位置)と読むことが出来ます。

この決意は、3枚目の節制のカードや6枚目の正義のカードと

併せて読むと美しい人自身を何らかの取引の材料や手段にしたと

読むことが出来ます。

2枚目のカード

女帝の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

今回の美しい人を愛した人は、現状に併せて臨機応変に対応を変え、

良いと思えば、様々なことを試したと読みました。

簡単に言えば、自分自身の利益に素直な人(女帝の逆位置)と

読むことが出来ます。

3枚目のカード

節制の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

節制のカードですから、カードデザインの瓶(美しい人とも読めますし、

今回の美しい人を愛した人の自分自身の利益でもあります)を

変えることで、2枚目のカードの生産性の形を変えて更に利益が

あがったと読むことが出来ます。

4枚目のカード

月の逆位置

4枚目は、今回の美しい人を愛した人の対策カードになります。

今回の美しい人を愛した人は、無意識に眠る根源的な欲求に従って

生きることそのもの(月の逆位置)が対策内容と読みました。

5枚目のカード

ワンドの5の逆位置

5枚目のカードは、美しい人の深層心理を表しています。

自分自身の生き方については、妥協出来ない(ワンドの5の逆位置)

と読みました。

これは、このカード全体で読むことが出来る今回の美しい人を

愛した人が美しい人を節制のカード等を通して瓶から瓶へ移し替える

愛し方に対する美しい人の気持ちが背景にあります。

6枚目のカード

正義の正位置

6枚目のカードは、今回の美しい人を愛した人の本音部分を表しています。

今回の美しい人を愛した人は、満足出来る取引を望んでいたと(正義の

正位置)と読むことが出来ますが、この取引は、3枚目の節制のカードの

瓶の入れ替えを意味していると読むことが出来ます。

美しい人の存在を何度も入れ替えることで自分自身の願望を叶えた

と言うことでしょう。

7枚目のカード

コインのペイジの逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

今回の美しい人を愛した人は、美しい人に執着心(コインのペイジの

逆位置)を持っていたと読みました。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

美しい人の存在を様々な瓶に入れ替えて自分自身の利益を生み出す方法は、

今回の美しい人を愛した人が原点だと理解しました。

sponsored link
error: Content is protected !!