沖縄知事選候補者の比較

9月30日投票の沖縄知事選は、事実上、佐喜眞 淳氏と

玉城 デニー氏の一騎討ちの状況です。

二人のチャートを見てみました。

sponsored link

まず佐喜眞さんは8月9日生まれで、

太陽サビアンは獅子座17度です。

獅子座30度を6つのグループに分けると

第4のグループに属します。

第4グループの始まりは、16度で反対側のサイン

(この場合は水瓶座)の影響がなだれ込んで

獅子座のアイデンティティーが分解するような

体験をします。

ある種の自己中な世界観が水瓶座の公平無私な

意志を取り入れ弱点を克服していきます。

土星サビアンは魚座3度です。

第1グループに属します。

どのサインも1度から5度のグループは新しいサインに

突入したばかりで無自覚な状態と言えます。

水瓶座の影響を捨てるため、あらゆる社会の価値観を

解体、再構築を目指します。

これがよい方に向かえばいいのですが、彼は

風のサインが無く水と地のサイン過多な状態です。

政治家のバランスとしてはどうなんでしょう?

太陽木星スクアでディズニー誘致の公約でも

わかるように誇大妄想気味です。

太陽海王星スクエアはオカルト・精神世界没入で、

日本会議所属というのも気になります。

土星と天王星のオポジッションは「減らす」

天体同士の組み合わせでリストラが得意な

タイプですが、これが弱者や少数意見の切り捨てに

つながらないか心配です。

sponsored link

もう一方の玉城デニーさんは10月13日生まれです。

太陽サビアンは天秤座19または20度です。

佐喜眞さんと同じく第4グループに属します。

天秤座に反対側の牡羊座が侵入してくる格好です。

天秤座はもともと他者の影響を受けやすいのですが、

そこにいわばKYな牡羊座が自分の主張をバンバン

展開しながら接近して来ます。

天秤座は性質上拒めません。

傷つきながらもこれを克服するしかありません。

この太陽と火星がコンジャンクションで積極的な

人生観を持ってます。

天王星とセクスタイルで沖縄に普遍的な価値観を

もたらしてくれそうです。

何より金星冥王星コンジャンクションと

月のオポジションは個人の生活に使うには

激しすぎる感情なので沖縄への愛として

使っていただけたらと思います。

セクスタイルのアスペクトが多く

有能な方だと思います。

お二人とも残念なのは、土星の度数が若いことです。

土星は物事のゴールを象徴しますので、無自覚な

初期度数だと頼りないです。

例えば故・翁長知事の土星サビアンは

乙女座25度です。

乙女座第5グループでいわば実務能力の頂点です。

沖縄の「不屈」の人、瀬長亀次郎は土星のサビアン

魚座27度です。

魚座第6グループで成果をまとめる段階です。

比べると今回の知事候補のお二人はどうしても

力不足な気がします。

ちょっと気が早いのですが、今回の選挙結果が

どうであれ、沖縄が日本政府やアメリカに

翻弄される現状を真に変えてくれるリーダーは、

まだ見ぬさらに次の知事なのかと、

そんな感想を持ちました。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!