フジファブリックの志村正彦さんが飛び込んだ海王星

sponsored link

残念ながらフジファブリックの志村正彦さんは

もうご存命ではありません。

亡くなられた当時は29歳です。

志村正彦さんは個人天体に火のサインが

無くて、海王星の射手座だけが火のサインに

なっています。

海王星はイマジネーションの源泉であり、

存命中はフジファブリックの作詞、作曲の

ほとんどを手掛けていた志村正彦さんにとって

唯一の火のサイン(情熱)は大切なものだったと

思われます。

志村正彦さんの太陽と海王星はインコンジャクト

ですから、作詞、作曲はイマジネーションを

捕まえて形にするトレーニング的側面も

あったと思うのです。

何のためのトレーニングかと言うのは、

生まれ時間が不明ですから省きますが、

イマジネーションを捕まることに全力を

尽くしたと思うのです。

そして金星と海王星はオポジションですから

金星とという美意識(ミュージシャン)として

海王星の中に飛び込んでいく姿勢も窺えます。

志村正彦さんの太陽は冥王星とスクエアですから

自分の意思とは関係なく進路を変更するタイミングが

訪れることが多く、志村正彦さんは海王星が

意味するようなイマジネーションの世界に

吸い込まれていったと思っています。

呼ばれると言っても良いのかも知れません。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!