宝物を得るタイミング

sponsored link

宝物を得るタイミングに付いて書いています。

人生のテーマの切り替わりや現在の内面の様子を知る方法

という記事を書いたので、トランジットや

ソーラーアークの海王星がアスペクトを

作っている時期、作っていた時期の解釈に

ついて書いているのですが、これは新しい宝物を

手に入れるタイミングでもあります。

そのプロセスについて掘り下げる内容です。

海王星は受け止め方次第で体験した内容が

不幸なものにもなれば今までにない世界を

開く扉にもなります。

浄化と言うと占星術的には企保的に魚座や

海王星ということになります。

魚座のハウスであれば何かの天体や感受点が

ネイタルのホロスコープの魚座に入ってきた

タイミングや海王星が何かの天体や感受点に

アスペクトを作った時に浄化が起こりますが、

この浄化には階層があります。

正しく言えば人の言動は、何でも階層があります。

誰かが相手のことを思って叱ってくれても

叱られたことだけを受け取って恨む人もいます。

相手の愛情を感じて正しい道に戻る人もいます。

これはあくまでもたとえ話であって人の気持ちは

様々なものが同時に存在しますからその人が

何に反応するかは相性の問題も大きいのですが、

それでも体験したことを捉え直してどのような

経験として整理するかは本人の自由です。

sponsored link

このような視点で海王星がコンジャンクション、

スクエア、オポジションと言った運勢の影響を

しっかりと受ける場合は、表面的には抑圧として

感じられるでしょう。

しかし海王星が本当に望んでいることはアスペクトを

作っている天体や感受点にわだかまっている気持ちや

固着して頑固になってしまっている考え方を

何らかの形で否定することで新しい可能性を引き出す

土壌を引き出すことです。

その前段階としてそれまでの状態が抑圧されるような

状況や状態になります。

海王星と現実の関係

という記事の下記のように書きましたが、

「それでも個人でファンタジーを背負うということは、

途方もない努力、一般人からすれば拷問のような

努力が必要になります。

それかある種の悲劇を背負うかです。

現実は決して詰まらないものではありません。

現実は優しいだけです。

優し過ぎるのです。

海王星を直接的に担うのは、危険なことです。

海王星が与えるビジョンは、才能を持ち寄って

みんなで少しずつ支えるものなのです。」

新しい扉を開いたらそこは新しい世界です。

少し混沌としていますが、その世界から

自分に合ったものだけを手に入れたり、それが

第6ハウスで起こっていれば仕事にしたりと

選ぶ自由があります。

この自由が冥王星のトランジットやソーラーアーク

とは異なるところです。

トランジットやソーラーアークの海王星まとめ

1、表面上は抑圧です。

2、現状の一掃(浄化)からの新しい世界

3、新しい世界からの選択(宝物の選択)

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!