自分にとって愛されることの意味(羽生結弦選手の特別な形)

sponsored link

自分にとって愛されることの意味という

難しそうな記事タイトルにしましたが

見るポイントは第11ハウスの支配星の

あるハウスと第11ハウスの関係です。

1、羽生結弦選手の例

インターセプトされている第11ハウスについて

羽生結弦選手のホロスコープは推理した

ものであって実際は分かりません。

2、羽生結弦選手の第8ハウス

3、第8ハウスにある天体

羽生結弦選手の例

インターセプトされている第11ハウスについて。

羽生結弦選手の第11ハウスは、魚座です。

支配星は、海王星になります。

第11ハウスは愛を求める気質(愛を受領する)

という側面があります。

羽生結弦選手の第11ハウスはインターセプト

されていて牡羊座がどこかのハウスのカスプに

ならないことになります。

このような第11ハウスがインターセプトされると

第5ハウスもセットになります。

理由は様々ですが、忙しくて恋愛どころではない

と言うか愛を求める気持ちがあっても、そのような

気持ちに素直に従い難い感じになります。

しかも羽生結弦選手の第11ハウスの中には

すっぽりと牡羊座があり、第5ハウスには

完全に天秤座全体が収まります。

これは愛上面に関して言えば愛されること

愛することに批判的な考え方をし易く

しかもそれらを行動に移すことに躊躇し易い

と言うか、自分から素直に動くことが

苦手になります。

このようなタイプの人は仮に交際が始まっても

自分から積極的にアプローチ出来ないために

交際相手と距離がなかなか縮まりません。

羽生結弦選手の第8ハウス

羽生結弦選手の海王星は、山羊座の第8ハウスにあります。

第8ハウスは結婚生活や絆と言った深い繋がり

としての側面もありますが、そのような愛に

自分自身が評価される場所とも言えます。

第8ハウスが誰にとってもそのようなものなら

問題はないのでは?と思われるかも知れませんが、

第8ハウスに天体があるタイプの人は、

このようなテーマに真剣になったり、

上手くいかないと神経質になったりします。

sponsored link

羽生結弦選手は、第11ハウスがインターセプト

されることで、山羊座は第8ハウスと第9ハウスの

カスプになります。

第8ハウスも第9ハウスも山羊座になる

ということです。

これはかなり問題です。

親密な関係を作るはずの第8ハウスが

しっかりと使われることがなくなります。

愛情に関してにじっくりと取り組まずに

第9ハウスにさっさと関心が移っていきます。

第8ハウスも第9ハウスも山羊座の羽生結弦選手は

簡単に言えばフィギュアスケート中心の考え方に

なります。

フィギュアスケートに取り組む中で人格が

作られていきますし、その生活スタイル中で

完結する傾向が強くなります。

第8ハウスにある天体

天王星と海王星のコンジャンクションがあります。

これは世代的なアスペクトです。

このコンジャンクションは、第6ハウスの

木星とアスペクトがあります。

木星も世代的な天体と言えますが、木星、

天王星、海王星のコンビネーションで考えると

高い理想に対して積極的にアプローチする

キャラクターを持つことを表しています。

このコンビネーションが第4ハウスの火星と

スクエアになることでやっと羽生結弦選手自身の

キャラクターになっていきます。

スクエアの火星に結びつくことで一度はまると

夢中になって取り組むタイプの人になります。

子供の頃からそのような性格を両親が見守って

くれたのでしょう。

第8ハウスにある天王星は第9ハウスの

支配星です。

羽生結弦選手は、第8ハウスと第9ハウスが

同じ山羊座のカスプなのに支配星も混ざった

ような状態です。

第11ハウスの支配星は第8ハウスですし、

フィギュアスケートの仲間が親しい関係に

まで友情感覚のまま入ってきそうです。

様々な意味でフィギュアスケートの価値が優先

されてしまうタイプの人です。

第8ハウスが山羊座ですから、ある種の計算が

働きますが、羽生結弦選手はどこまで言っても

フィギュアスケートから離れた考え方は

難しいでしょう。

愛されることの意味がフィギュアスケートの中で

完結しているとも言えますし、そのような

フィルターから離れて自分(愛情)を考えることが

難しいタイプの人になります。

このようなタイプの人は第8ハウスの星座が

ポイントになります。

夢中になっている羽生結弦選手を邪魔せずに

あたたかく見守ってくれる愛され方が

合っているということになります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!