2022年4月から連続ドラマ「正直不動産」の山下智久さんと三浦春馬さんの違い

2022年4月から連続ドラマ「正直不動産」の

永瀬財地役で山下智久さんは、主演されます。

大手事務所を独立後も絶好調です。

三浦春馬さんと何が異なるのでしょうか。

1枚目のカード

月の正位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機になります。

月のカードは、とても興味深い側面があります。

無意識から立ち上って来る謎のモヤモヤのせいで

モチベーションが危うくなりますが、特に正位置であれば

それは同時に新しい可能性の胎動とも言える何かです。

そしてこのモヤモヤも可能性も実は、それまで封じていた

無意識にいる自分自身のメッセージでもあります。

しかし無意識ではお話にならないのでそれに相応しい

他者がザリガニとなって現れることになります。

2枚目のカード

ワンドのペイジの逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

山下智久さんは、ワンドのペイジですから、とてもアクティブな

人物像になります。

逆位置ですからその気持ちを抑えることが困難です。

このような気持ちが何らかの理由で作られて独立に至ったと

読むことが出来ます。

3枚目のカード

ワンドの10の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの未来になります。

普通に読めば未来のカードですが、三浦春馬さんとのスピリチュアルな

対話なので時間軸は、2枚目のカードに対して未来になります。

ワンドの10の逆位置ですから、けっこう無理を通して

頑張ったということになります。

言い方を変えれば無理して頑張れば連続ドラマの主役に

なれるような状況になれるということです。

4枚目のカード

カップの6の逆位置

4枚目のカードは、山下智久さんの対策カードになります。

本来であれば既存のルールを守りたくない(カップの6の逆位置)

ですからけっこうマイナスに働くのですが、これが対策

カードとして働く理由は、1枚目の過去の月のカードと

このタロット占い全体を暗示する7枚目の節制のカードが

意味する生まれ変わり(独立)がこれまでの業界の慣例に

よらない形で行われたものだからと読めます。

そのような特別な作用が働く背景を山下智久さん個人が

持っていたのではなく客観的な情報や働きをするザリガニが

池の底から上がってきたからでしょう。

5枚目のカード

ソードの5の正位置

5枚目のカードは、山下智久さんの謎の協力者の深層心理を

表しています。

ソードは、取捨選択を徹底的に行った主張ですから何が何でも

如何なる手段を使っても山下智久さんを成功させたいという

心理が読み取れます。

これはある意味、無意識の山下智久さんの願望が呼び出した

ザリガニでもあります。

6枚目のカード

コインの5の正位置

6枚目のカードは、山下智久さんの深層心理を表わしています。

意外ですが今の状況を失うまいと必死な気持ちかも知れません。

リスクを背負っているとかではなく、どのような形かは

分かりませんが持っている何かを全て吐き出して頑張っている

と読めます。

コインですがお金だけとは限らず、エネルギーを目いっぱい

仕事に捧げている状態なのかも知れません。

そう読むと3枚目のワンドの10の逆位置と意味が繋がります。

7枚目のカード

節制の正位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的な内容になります。

1枚目の月のカードから始まって7枚目の節制のカードで終わります。

これまでの独立とかであれば、まったく関係してこないような何かが

山下智久さんに働いたからこそ独立出来たと読めます。

山下智久さんの対策カードが4枚目のカップの6の逆位置

(一般的なルール外の方法)だったことも頷けます。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

結果は全く異なるものですが、三浦春馬さんがよく理解出来ない

状況で消えることになった働きと同じように山下智久さんは、

これまでの業界のやり方とは異なる働きで今があるような

タロット占いになりました。

決定的な差です。

山下智久さんの例外的な何かが許される何かの大元を辿れば

異国の何かに繋がる気配がありそうです。

言い方を変えれば、三浦春馬さんは、様々な利害関係の谷間に

落とされてしまったと読めます。

自分自身の実力を磨くことだけに注力し過ぎたのでしょう。

人としては、正解ですが誰かを積極的に味方に付けておくべきでした。

そういう対立構造でしかボディーガードの役割を果たさない世界

なのかも知れません。

sponsored link
error: Content is protected !!