神田沙也加さんの死が匂わせと関係あるのか?(タロット占い)

神田沙也加さんの訃報が14時10分に放送されたものがあったり

相変わらず複数匂わせているので、気にし過ぎと思いつつ

かードを引いてみました。

1枚目のカード

ソードの10の正位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

ソード(取捨選択)の10(最終的な状態)ですから、取捨選択に

伴う妥協や諦めと言ったものを取り込む余地はないと

読むことが出来ます。

2枚目のカード

コインの1の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

「1」ですから何かが始まります。

コインのスートですから、無から何かが生まれるようなものでは

なく、何らかの準備がなされてきたものがやっとスタートする

ということになります。

これが舞台のことであれば良いのですが、それ以外のことであれば

ややこしいかも知れません。

3枚目のカード

ソードの7の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの未来を表しています。

ソードの7のカードの基本的な意味は、ソード(取捨選択、判断)の

一方通行(大アルカナであれば戦車・「7」)です。

ですから他人を省みずに独断で動くという感じになります。

神田沙也加さんは、亡くなったので3枚目のカードは、機能

しませんが、周囲のことを考えなければ生き残っていた

可能性もあります。

言い方を変えれば周囲の人に気を遣ってどのようなことを

行おうとしなかったのでしょうか?

4枚目のカード

コインの7の正位置

4枚目のカードは、このタロット占いの対策カードになります。

神田沙也加さんが実際に精一杯努力したのに思い描いていたような

成果は、出なかったという意味合いのカードがコインの7です。

対策としては、精一杯取り組んだのだから考え込んでも仕方がないと

どこかで割り切るしかありません。

言い方を変えれば神田沙也加さんが割り切ることの出来ない問題、

若しくは神田沙也加さんの実行力(7)のキャパシティー以上の何かが

実際に(コイン)降りかかって来て対処出来ないものがあったとも

読めます。

5枚目のカード

ワンドの5の逆位置

5枚目のカードは、4枚目のカードの解説で書いたキャパシティー

以上の何かの本音部分を表しています。

戦い(ワンドの5)に負けたくないと言ったような思いでしょう。

神田沙也加さんを敵視しているのでしょうか?

6枚目のカード

コインのクイーンの逆位置

6枚目のカードは、神田沙也加さんの深層心理を表しています。

コインのクイーンのカードですから具体的に他人を助ける側に

回る人物像になります。

このタロット占いでは逆位置ですから、その資質が過剰か

滞った状態を表しています。

誰かに助けてもらうような状態だったことまでは読めます。

それがどのような状態だったのかは、このタロット占いでは

分かりません。

7枚目のカード

ソードの9の正位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

ソードの9は、これまでの取捨選択の結果、引き寄せた状態を

表しています。

ソードの9の引き寄せは、個人的レベルまでです。

引き寄せは、色々ありますが、今回は、神田沙也加さんの第8ハウスで

考えてみます。

神田沙也加さんの第8ハウスは牡羊座です。

故人に対して失礼かも知れませんが、占星術的な一般論として

第8ハウスが牡羊座の人は、短気なところがあります。

もしかしたら神田沙也加さんのイメージとは、裏腹にそのような

側面があったのかも知れません。

言い方を変えれば本音で生きようとするタイプの人です。

まさかとは思いますが何か虎の尾を踏むようなことがなかったか

少し気になります。

別に誰かに本音を話したとかではなく、本音ベースの取捨選択の

最終的な結果が虎の尾を踏むようなことになったのかという心配です。

神田沙也加さんの突然の死と第12ハウスの月とささやかな疑問(タロット占い)

神田沙也加さんの死に不可解な要素はないのか(タロット占い)

神田沙也加さんの周囲にいたかも知れない神田沙也加さんを見続けていた存在(タロット占い)

神田沙也加さんが亡くなった時に働いた何らかの作用

sponsored link
error: Content is protected !!