美しい人を助けようと動いた人で消えた人がいるのか、どうなったのか。

1枚目のカード

コインのペイジの正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

この二人の立場を考慮すると、このコインのペイジの正位置は、

素直に慎重に取り組んだと読んで良いと思います。

2枚目のカード

塔の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

塔のカードですから、破壊的な何かが起こったと読むことが出来ます。

しかし塔のカードの真意は、それまで壁となっていた部分を破壊し

新陳代謝を行い、更に成長するためです。

このタロット占いの並びも3枚目は、魔術師のカードですから、

破壊の後に新しい取り組みが始まったことが読み取れます。

ただ、2枚目も3枚目のカードも逆位置です。

ただ消されたのか?という問いですから、その視点で塔のカードを

読むと首に危害を加えられたと読むことが出来ます。

3枚目に魔術師のカードが控えているので逆位置でなければ

酷い目にあっても助かって新しい展開が生まれたと読んでも

良いのですが、特に美しい人のタロット占いで魔術師の逆位置は、

法に触れることが多いカードです。

塔の逆位置は、普通に読んでも完全に負けた状態を経験してからの

復活になります。

3枚目のカード

魔術師の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

背景がまったく分からないので言語化し難いのですが、何らかの形で

美しい人のために動いたのか、美しい人を消した側の背景を探ろうと

した人たちが、本当に消えたとしたら魔術師のカードが逆位置に

なった理由は、取引等であれば、相手のコンプライアンス違反を

見抜けなかったと読むことが出来ます。

コンプライアンス違反(魔術師の逆位置)と書きましたが、これは

取りあえずです。

実際にそれが何だったのかは、不明です。

4枚目のカード

隠者の正位置

4枚目は、対策カードになります。

カードの並びで読めば、美しい人のために動いたのか、美しい人を

消した側の背景を探ろうとしたかであろう人たちは、隠者のカード

ですから、知り得たことをどこかに伝えようとしたと読むことが出来ます。

隠者のカードは、探求心がありすぎて、自分自身が依って立つものから

離れ過ぎた状態です。

言い方を変えれば、潜入し過ぎたと読めるのですが、言い方を変えれば

結果的にそのまま、帰れなかった、そこで捕まったと読むことも出来ます。

5枚目のカード

コインのクイーンの逆位置

5枚目のカードは、消した側の本音部分を表しています。

消した側の安全に対して邪魔だと感じたと読むことも出来ます。

しかもコインのクイーンのカードですから、かなり実際的な判断です。

感情的に消したわけではないと読みました。

6枚目のカード

コインの2の正位置

6枚目のカードは、消されたかも知れない二人の本音部分を表しています。

2枚目の塔の逆位置で既に消されているならば、このコインの2の

正位置の意味が通るのです。

「それなりに楽しかったよ」という死者が生前の感想を誰かに伝える言葉です。

やはり本当に亡くなったのかも知れません。

もし逆位置であれば、生きていたと読んだかも知れません。

7枚目のカード

月の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

最後のカードで美しい人のために動いたのか、美しい人を消した側の

背景を探ろうと人たちの役割が分かりました。

一般的な視点からは、見えないもの(ここでは、美しい人を消した側)の

動き(月のカード)を監視していたと読むことが出来ます。

しかし、そんなことをされると美しい人を消した側は、邪魔でしょう。

月のカード(美しい人を消した側)は、どうするか?

より適切な情報(誰が探っているのか等)を調べたということでしょう。

美しい人のために動いたのか、美しい人を消した側の背景を探ろうと

した側から読むと塔が壊れた(身体に危害を加えられた)上に、

月のカードの世界に引っ張り込まれたと読むことも出来ます。

月のカードの世界の本丸は、他人から見えない池の底に住む

ザリガニがいるところです。

美しい人のために動いたのか、美しい人を消した側の背景を探ろうと人は、

行方不明になっていないのか気になるところです。

池の底に連れて行かれたら行方不明です。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

仮に○体であっても自宅に戻れたのでしょうか?

月のカードは、正位置でも月のカードの危険性が損なわれることは、

ありませんし、このタロット占いの中心となる2枚目の塔のカードが

塔(美しい人のために動いたのか、美しい人を消した側の背景を探ろうと人)が

壊れただけではなく、その根っこもダメージを受けたとも読めます。

それは、本人レベルではなく、美しい人のために動いたのか、

美しい人を消した側の背景を探ろうと人のリーダーかも知れませんが。

しかし、あくまでも美しい人のために動いたのか、美しい人を消した側の

背景を探ろうと人に絞って読めば、帰宅出来ていない気がします。

美しい人のために動いたのか、美しい人を消した側の背景を探ろうと人が

倒れた後の魔術師の逆位置から、読むと、この件で、それまで結ばれていた

協定みたいなものが破れたと読むことも出来ます。

これが業界の再編みたいなことと繋がっていないでしょうか?

sponsored link
error: Content is protected !!