三浦翔平さんの新しい映画の漠然としたタロット占い

1枚目のカード

正義の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

正義のカードを1枚だけで読むと何らかの合意があったと読むことが

出来ますが、カード全体を通して読むと全ての要素が揃っている

ということでしょう。

この全て(田中光敏監督の新しい映画の全て)を具体的に知ることは、

不可能ですから、今回のタロット占いでは、天外者と同じ

田中光敏監督と脚本家の小松江里子さん、そして親友の三浦翔平さん

という範囲で以下のカードを引き続き読んでいきます。

2枚目のカード

カップのキングの正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

カップのキングの正位置は、他人の感情に働きかける能動的な人物像です。

最初は、監督かなと思いますが、違うかも知れません。

3枚目のカード

世界の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

正義のカードで全ての要素を揃えたからこそ、出来ることと読めますが

この世界のカードは、逆位置になっています。

普通に読めば、何かが足りないということになります。

完全な結論が得られるはずだったのに、そこに至れない要因がありそうです。

このタロット占いの問いよりも、この何の要因かがとても重要です。

単なる映画の撮影や興業的成功の問題ではなく、ガーシーさんの

暴露話の影響でもなく、もしかしたら三浦翔平さん自身の変化が

影響しているかも知れません。

4枚目のカード

ワンドの2の正位置

4枚目は、対策カードになります。

完全に把握するために対決姿勢を取っていると読めますが、ライバル?

として想定されているのは、天外者でしょうか?

新しい映画は、同じ監督と同じ脚本家に三浦春馬さんの親友と

言われていた三浦翔平さんですから、天外者と比較してライバル

ということになるのでしょうか?

5枚目のカード

ソードの6の逆位置

5枚目のカードは、三浦翔平さんの本音部分を表しています。

思ったように進まないとか、自分自身の判断した想像とは、異なると

読むことも出来ます。

かなり気になっていると感じます。

6枚目のカード

ソードの10の正位置

6枚目のカードは、田中光敏監督や小松江里子さんを脚本に選んだ人の

本音部分を表しています。

映画ですから、思想感情が形になっているので、それそのものが

ソードの10のカードみたいな側面があります。

天外者と同じ監督と脚本家という前提で読むともう一度、あのような

成功を収めたいという判断があると読みました。

俗っぽく言えば2匹目のドジョウのようなものです。

7枚目のカードは、困難に立ち向かうことですが、映画作り自体が

大変でしょうし、作った以上、興業的に成功することまで含めての

ワンドの7の正位置でしょう。

だとすれば、田中光敏監督や小松江里子さんを脚本に選んだ人は、

天外者と同じ監督と脚本家と三浦春馬さんと親友だった(ガーシーさんの

暴露話で意見が分かれるかも知れません)三浦翔平さんで、同じような

成功(ソードの10の正位置)を狙ったのかも知れません。

7枚目のカード

ワンドの7の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

6枚目のカードは、田中光敏監督や小松江里子さんを脚本に選んだ人は、

そこで期待した何かが得られないような経験をする可能性があると

読むことも出来ます。

何を書いても憶測ですから、書きませんが、何を期待したのかが

とても重要な気がしますし、三浦翔平さんには、関係あるかも知れません。

sponsored link
error: Content is protected !!