ガーシーさんの幻冬舎から出版と翔平さんのタロット占い

自家消費的なタロット占いです。

時間がないので解説は、抜いて読んだ結果だけになっています。

1枚目のカード

ソードの10の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

ソードの10の逆位置ですから、圧倒的なチャンスやチャンスらしく

見えるチャンスだったわけでは、ないでしょうがガーシーさん自体の

状況が定まり難い状態だったと読むことが出来ます。

2枚目のカード

ソードの8の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

ガーシーさんは、ポジティブに自分自身で何かを決めるタイミングが

訪れたと読むことが出来ます。

言い方を変えれば、けっこうピンチ(ソードの8の逆位置)です。

ソードの8のカードは、信念みたいに読みますが、それを試されるような

状況です。

3枚目のカード

カップの8の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

3枚目のカードになってもガーシーさんの計画通りとは言えないと

読むことが出来ます。

ガーシーさんが1枚目のカードから3枚目のカードのような状況なのに

出版の話が来るということは、取引かも知れません。

幻冬舎と言えばバーニングですから、ガーシーさんに翔平さんの暴露を

今後しないようにということかも知れません。

4枚目のカード

ワンドの10の逆位置

4枚目は、ガーシーさんの対策カードになります。

様々なものを抱えて身動きが取れませんから(ワンドの10のカード)、

対策内容としては、冷静に無理を避けることです。

5枚目のカード

カップの2の正位置

5枚目のカードは、翔平さんを守りたい人の本音部分を表しています。

ガーシーさんにこの条件で受けて欲しいと読めます。

イマジネーション的には、翔平さん以外の条件も当然あるでしょう。

カップの2のカードのバランスを異質なものを結び付ける性質ですが

今回のタロット占いでは、ガーシーさんと幻冬舎を繋げたと読みました。

6枚目のカード

太陽の逆位置

6枚目のカードは、ガーシーさんの本音部分を表しています。

本当に上手くいくのかな?(太陽の逆位置)と読みました。

7枚目のカード

コインの2の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

翔平さんを守りたい人は、ガーシーさんに対して翔平さんのことに

関して言及していない可能性があります。

コインの2のカードですから、偶然(ガーシーさんの意思)に

任せたような状態だと読みました。

しかし、当然のようにガーシーさんは、幻冬舎の背景や繋がりも

知っているでしょうし、その意図を理解するでしょうから、繋がりの

ある俳優に関しては、もう暴露とかしないよね、という暗黙の了解が

成立したと読んで良いのかも知れません。

コインの2のカードは、具体的な交換ですから、やはりここにも

取引的なニュアンスがあります。

翔平さんも、そこに含まれる読みました。

sponsored link
error: Content is protected !!