今の美しい人のソードのクイーン(光)へ、時系列問題とは?

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

唐突な事件の初期報道に美しい人の報道の仕方と

多くの共通点があり思わずカードを引いてみました。

載せられるのは、皇帝のカードと死に神のカードです。

時間がないので残りは省いただけです。

複数のポイントが気になりますが、やはり事件以前の

記事が流れることです。

何故、このような時系列問題が発生するようなものが

流れるのか?

簡単に言えば、表(皇帝のカード)と裏(死に神のカード)の

組み合わせを用いることで、特定の存在にとって望ましい

世界を作り出すと読めることです。

皇帝のカードは、推し進めたい価値感であり、実際の

コントロールを目的としていますから、それに伴う利益

と読んで良いものです。

裏にあるのは、死に神のカードですから、それを実現

するために不要なものを除くとも読める組み合わせです。

しかし、大切なポイントは、そこではなく、見た目は皇帝と

死に神ですから似ても似つかないものでありながら、実は

死に神は、皇帝の裏の顔であり、死に神の表の顔は、皇帝と

言うことになります。

このカードの組み合わせは、望まない声や情報を消す

働きがあります。

これって二人羽織ですよね。

sponsored link
error: Content is protected !!