えっちけは、何故、いつも撮影出来るのか?(美しい人のタロット占い)

1枚目のカード

コインのペイジの逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

計算された仕事(コインのペイジの逆位置)と読むことが出来ます。

この時点で、事件が起こることを知っていたとも読むことが出来ます。

2枚目のカード

魔術師の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

魔術師のカードですから、どこかから(見えない愚者のカード)何かが

持ち込まれたことを表しています。

そして何よりも大切なことは、魔術師のカードが逆位置ですから

様々なルールに抵触している可能性があります。

それでもやらなければならないのが魔術師のカードの逆位置です。

3枚目のカード

女帝の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

女帝のカードの正位置ですから、試行錯誤を繰り返しながら

生産性を上げていくということになりますが、ここのポイントは、

女帝のカードが生み出すものは、毎回、その時々で異なると言うことです。

最初から作り上げられる完成品を広めるのは、皇帝のカードです。

多くの不具合を晒すことになってしまったのは、まさに絶賛生産中

(女帝のカードの正位置)だからでしょう。

本来であれば試行錯誤には、何の問題は、ありません。

しかし、魔術師のカードの逆位置の試行錯誤が残るのは、まずい

と言えるかも知れません。

このブログは、美しい人のタロット占いを書いていますが、何故、

矛盾点が多く表れるのか、構造がまったく同じだと読みました。

現場レベルだと、どんなに頑張っても試行錯誤している部分が

残ってしまうのです。

演劇の舞台のように演じる前に何度も練習出来れば良いですが、

どうしても事件ものは、一発勝負になります。

えっちけは、それを知らしめる(6枚目のワンドの8のカード)

なのでしょう。

4枚目のカード

悪魔の正位置

4枚目は、対策カードになります。

悪魔のカードですから境界線を超えても欲しいものを取りにいきます。

演技よりも映すべき対象を映し続ける必要があったと言うことでしょう。

演説している人よりも、まだ事件を起こしていない人物を撮り続けるのは、

まさに境界線を超えていく悪魔のカードです。

本来の対策内容としては、我慢が大切です。

5枚目のカード

戦車の正位置

5枚目のカードは、本音部分を表しています。

意欲(戦車の正位置)があったと読むことが出来ます。

6枚目のカード

ワンドの8の逆位置

6枚目のカードは、撮影を命じた側の本音部分を表しています。

ワンドの8のカードですから事件を知らせと言うことでしょうが、

起こることを知っているからこその命じた側のカードと読みました。

ワンドの8のカードが逆位置ですから、気の進まない仕事だった

かも知れません。

7枚目のカード

カップのキングの正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

えっちけが、最も信頼される、世の中を説得する力がある(カップの

キングの正位置)とも読めますが、今回の件に関して、えっちけが

もっとも信頼されている(カップのキング正位置)でしょう。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

事件の背景で必ず重要な役割を果たすようです。

あるカード解説の削除した部分ですが、世界のカードの正位置という

捕まる人と愚者のカードの正位置というつかまらない人が、最初から

配置されています。

今回は、逮捕者が必要なので当然でしょう。

今まで完全に隠してきた真実部分とフェイクを同時にカメラに映したのは、

美しい人を愛する人たちに対しては、まずかったでしょう。

sponsored link
error: Content is protected !!