賀来賢人さんの独立のタロット占い

賀来賢人さんが独立を発表されたのでカードを引いてみました。

1枚目のカード

コインのペイジの正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

賀来賢人さんにとって真剣になるべき動機があった(コインのペイジ

の正位置)と読むことが出来ます。

2枚目のカード

ワンドの6の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

ワンドのカードですから、カップでもソードでもコインでもない

と言う意味を前提にした上で、平等な関係(6)から、3枚目の

悪魔のカードのデザインの悪魔と縛られた人間の上下関係に

なると読むことが出来ます。

ワンドの6の正位置ですから、賀来賢人さんが勝ち取ったものと

読むことが出来ますが、それなのに3枚目のカードが悪魔のカード

の正位置なのです。

3枚目のカード

悪魔の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

支配的な関係から逃れることはない(悪魔のカードの正位置)と

読むことが出来ます。

言い方を変えれば、表向きは、どうであろうと何らかの部分で

コントロールされる状態が残る(悪魔のカードの正位置)と言えます。

4枚目のカード

ソードの8の正位置

4枚目は、賀来賢人さんの対策カードになります。

信念に従って冷静に対処すること(ソードの8の正位置)が対策内容

と読むことが出来ます。

このように書くと、賀来賢人さんの主張が100パーセント通った

ように思えるかも知れませんが、このタロット占いの中心となる

2枚目のカードがワンドの6の正位置ですから、やはり賀来賢人さんが

勝ち取った分だけであり、言い方を変えれば、対話すべき相手(一般的

には、事務所、もしかしたら異なるかも知れません)との合同判断と

読むことが出来ます。

5枚目のカード

塔の逆位置

5枚目のカードは、事務所の本音部分を表しています。

何らかの問題を処理しなければ、本質的に進めたいことに

取り組めない(塔の逆位置)と読むことが出来ます。

6枚目のカード

月の正位置

6枚目のカードは、賀来賢人さんの本音部分を表しています。

不安や不信感があるけれども(月の正位置)・・・・・・と

読むことが出来ます。

7枚目のカード

ソードの4の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

ソードの4のカードは、より大きな存在に繋がる時に完全な

停止を必要とします。

この停止が今回の独立かも知れませんし、そして3枚目の悪魔の

カードの正位置が意味する新たな上下関係の相手は、この大きな

存在だと読みました。

それに対する不安や不信感なのでしょう。

大きな存在と結び付くことで生じる安定(ソードの4の正位置)

と読むことが出来ます。

sponsored link
error: Content is protected !!