「君に届け」と三浦春馬さんの新しいファンのタロット占い

1枚目のカード

隠者の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

周囲の人から、なかなか分かってもらえなかった(隠者の逆位置)とは、

もしかしたら三浦春馬さんの思い、かも知れません。

2枚目のカード

ワンドの9の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

何かの均衡を少しずつ崩しつつある(ワンドの9の逆位置)

と読むことが出来ます。

誰が、何の均衡を崩そうとしているのか?

この部分の言語化は、割愛します。

3枚目のカード

カップのナイトの逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

三浦春馬さんに対する信頼度が低い(カップのナイトの逆位置)

と読むことが出来ます。

言い方を変えれば、「君に届け」の上書き(カップのナイトの

逆位置)と読みました。

しかし4枚目のカードが月のカードですから、三浦春馬さんと

多部未華子さんの「君に届け」も同時に成長する(隠者のカードから

月のカード)とも読むことが出来ます。

新しい「君に届け」が世界中に配信される影響で、三浦春馬さんの

新しいファンも増えると読みました。

4枚目のカード

月の逆位置

4枚目は、対策カードになります。

何らかの利益を上げるための手段(月の逆位置)が対策内容に

なっていると読むことが出来ます。

5枚目のカード

ソードのペイジの逆位置

5枚目のカードは、Aの本音部分を表しています。

様々な意味で利益を求めている(ソードのペイジの逆位置)と

読むことが出来ます。

6枚目のカード

コインのクイーンの逆位置

6枚目のカードは、Bの本音部分を表しています。

問題があっても従うしかない(コインのクイーンの逆位置)

と読むことが出来ます。

7枚目のカード

ソードのナイトの逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

あっさりと決まっていた(ソードのナイトの逆位置)と

読むことが出来ます。

sponsored link
error: Content is protected !!