今の三浦春馬さんのソードのクイーン(光)へ(春馬さんの写真集)

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

何故、かなりの資金力が必要になるのか?

簡単に言えば数社でも情報を漏らし始めれば、

全てが終わってしまうからでしょう。

蛇タロットをしていると、やたらと木村拓哉

さんのことが上がってきています。

しかし公益に対して本当にまずいカードは、

明らかにTOKIOのカードです。

松岡昌宏さんは、TOKIOのメンバーですが、

この時期でも上げ要素になっています。

これらのカードの対比は、結果的に稼げる方が、

ある人物に推されていると読むことが出来ますし、

推されているから、稼げるとも言えるでしょう。

現実は、相乗効果で片や活躍し、片や落ちていく

一方になっていくことになります。

脱退レベルで切られたはずの山口達也さんが、

相変わらずメディアが取り上げ続けています。

確かに三浦春馬さんは、せかほしはレギュラー

放送がないのに5周年番組です。

三浦春馬さんのパリ写真集の件みたいなもの

もあるそうです。

蛇を見ていると、意味なく動く人は、絶対にいない

とだけは、言えるかも知れません。

そして城田優さんのアクリルキーホルダーです。

何となく見ようによっては、天外者の三浦春馬さんに

寄せているようにも見えます。

山口達也さんが復帰のカードと三浦春馬さんの浮上の

カード何か似ているかも知れません。

当然、誰かが稼ぐためという力学に乗っかっていくしか

ないのかも知れませんが、真相が明るみになり易い

下地には、なります。

NHKは、123便のカードでもブラックボックスの

役割を果たしています。

そして16日問題もあります。

それでもせかほしの5周年があったということは、

三浦春馬さんの名前を流通させたくない側(コインの7の

逆位置)が、妨害出来ない領域みたいなものがNHKに

発生していると読むことが出来ます。

様々なカードを読むと歴史的にNHKは、政府を初めとして

様々な組織がブラックボックスとして利用しています。

言い方を変えれば、名前を流通させたくない側だけの

占有物ではないと読むことが出来ます。

真相は、どうであれリンクは、外れたのに放送は、あった

のです。

名前を流通させたくない側が出来たのは、そこまでで、

そこから先は、NHKを利用する誰かの予定通りだったと

読むことが出来ます。

風が吹いているとまでは、読めませんが、何らかの真空状態が

作られつつあると読むことは、出来ます。

TOKIOは、儲かる境界線を走っています。

走らされているのかも知れませんが、どちらにしても、

名前を流通させたくない側が止められない境界線、何らかの

利益を産み出すための新たな真空地帯の準備中であれば、

何かあるかも知れません。

真空とは、亡くなる前であれば、目的のために春馬さんを

引っ越しさせたような準備と同じです。

そこに望む結果が入ってくるための空間です。

sponsored link
error: Content is protected !!