カツラ疑惑とサイ子の関係性から窺える美しい人の事件のクラック探し

久し振りの町内会長、サイ子、大御所、カツラ疑惑の日本昔話の

つもりでしたが、美しい人のクラック探しに繋がる読み方になりました。

今日の主役は、カツラ疑惑です。

といってもカツラのタロット占いではなく、カツラ疑惑の悪い行いを

サイ子が隠しているというタロット占いです。

1枚目のカード

コインの2の逆位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

カツラ疑惑には、気になっている人がいる(コインの2の逆位置)と

読むことが出来ます。

2枚目のカード

法王の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

法王のカードですから上から下へ一方的に主張を行う内容になります。

法王のカードは、まだまだ他者との意識が未分化な状態です。

法王のカードデザインの法王と信者は、主張する法王とそれを

聞かされる信者は、セットになっています。

逆位置ですから強引な自己な主張と読めます。

この法王の逆位置の強い自己主張の言い方を変えれば、本能部分が

表現される状態と言えます。

タロット占いをされる方ならご存知と思いますが、このような

カードのバランスを取るには、適切なアドバイザーが必要です。

ただ、このタロット占いの大問題は、カツラ疑惑のアドバイザーが

サイ子ということでしょう。

どのようなアドバイスを行ったのでしょうか。

3枚目のカード

ワンドの6の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

ワンドの6の逆位置ですから、カツラ疑惑は、1枚目のカード解説に

書いたカツラ疑惑が気になる相手に振られた、拒否された

と読むことが出来ます。

4枚目のカード

カップの4の逆位置

4枚目の対策カードは、3枚目のカード解説で書いたように

サイ子のアドバイスが含まれる可能性があります。

カップの4の逆位置ですから、カツラ疑惑が気になる相手との

関係性は、発展する見込みがないと読むことが出来ます。

一般的な読み方であればカツラ疑惑に、気になる相手のことを

断念するようにアドバイスしたと読むことが出来ます。

5枚目のカード

カップの2の正位置

5枚目のカードは、サイ子の本音部分を表しています。

カップの2のカードですから、最初は、カツラ疑惑にアドバイスに

従って欲しい(認めて欲しい)と読みました。

しかしカップの2のカードは、男女関係をイメージし易いものです。

この立場でサイ子がカツラ疑惑に対する本音部分を表すとしたら

一緒に何かを行うということでしょう。

「2」ですから、カツラ疑惑とサイ子の主張みたいなものは、

その時々の状況で変化したはずです。

6枚目のカード

戦車の逆位置

6枚目は、カツラ疑惑の本音部分を表しています。

戦車のカードですからカツラ疑惑の本当の本音は、気になっている人を

自分自身の信者のような状態(2枚目の法王のカードデザイン)にしたい

ということでしょう。

7枚目のカード

審判の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

この7枚目のカードは、4枚目の対策カードの内容をひっくり返すものです。

カツラ疑惑の本音部分を表す6枚目のカード解説(気になっている人を

自分自身の信者のような状態にしたい)に対して、審判のカードですから

カツラ疑惑が納得出来るまでしつこく繰り返す(審判の正位置)と

読むことが出来ます。

つまり4枚目の対策カードであるサイ子のアドバイス1は、役に立たない

と読めるでしょう。

サイ子の本音部分は、5枚目のカップの正位置ですから最終的に容認した

可能性があります。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

今回のタロット占いは、かなり問題がある内容を読んでみました。

問いを立てなければカードの引きようがないので、その問いを持ち込んだ

人を認めているのであれば、成立します。

それにしても、カツラ疑惑の疑惑のトラブルというかなり怪しげな問い

だったのですが、収穫としては、5枚目のカップの2のカードです。

カツラ疑惑とサイ子は、愛情関係(過去でしょうけど)と読める点です。

美しい人のタロット占いで美しい人は、かなりの頻度で依怙贔屓な扱い、

パワハラ扱いを受けたというカードが出てきました。

それの真逆のような並びになります。

言い方を変えれば、サイ子は組織の私物化を図っているのと同じでは

ないでしょうか?

そこを更に深掘りすれば、最初は美しい人も見込まれたからあれこれと

深い入りする羽目になったと言えます。

しかし美しい人は、なびかないからということでしょう。

このようなサイ子の背景が、あるから恋愛絡みのカードを引く人が

多い?のですよね←(ソードのクイーンのソード)。

しかし

しかし組織のサイズや立場考えると労務トラブルであり、調査が

入るべき案件だと読みました。

何かを飲まされての行為で訴えた女性のように声を上げる人がいたら

崩れ始めて美しい人の事件のクラックにも繋がりそうですが。

カツラ疑惑は、逆に上手くサイ子を使っていると読めます。

軽いタロット占いのつもりでしたが、意外と有意義でした。

sponsored link
error: Content is protected !!