進行の月を生まれ変わるチャンスにする視点

月は自分だけの範囲に収まっていて、

いつも半ばまどろんでいます。

幼児さんの頃から繰り返してきたことを

未だに続けながら、自分だけの月の世界を

守り続けています。

その世界は、ひたすら同じことが繰り返される

奇妙な明るさに支配された不思議な空間です。

奇妙ではありますが、安らぎに満ちています。

新しいことは、受け付けません。

強い圧力をかけ続けると、この空間は変化しますが

それは、月の世界の危機であって、

歪になった部分を訂正し、速やかにバランスを

回復しなくてはなりません。

ところが、進行の月が切り替わる時は、この世界が

ある意味、自発的に更新されるために

大きな揺れが生じます。

これは、約29年に1度迎える年単位の新月です。

sponsored link

月の世界自体が動くのです。

動くことで更新されます。

動くためには、あちこちに亀裂が走りますし、

意識は揺れ動きます。

それは、約30年間のテーマが

切り替わることを意味しています。

日数単位の新月のサイクルで願いを

叶えたりすることと感覚は、似ていますが、

この変化は、人生で2度か3度しか

起こらない変化なので、生まれ変わるような

出来事に感じられるかも知れませんが、

生まれ変わる機会と捉えれば、これはかなり

有用なタイミングです。

日数単位の月サイクルであれば、

次のサイクルを先読みして、行動計画を

立てる人も多いかも知れません。

大きな夢を叶えたいのであれば、

生まれ変わるような展開を望むのであれば

約29年後を見据えて今を頑張るのも、

まんざらでもありません。

今を生きないのではなく、そのような視点も

持ちながら、様々なものに取り組む

ということです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!