真に母親を味方に付けるということ。

第9ハウスは、母親のまなざしで

あって母親そのものではありません。

どんなに酷い母親であっても実際に

否定することは、根本的な罪悪感を伴うので、

以下のような感じになります。

①、出来るだけ距離を取る。

②、諦める。

③、家出をして見つからないようにする。

実際に多いのは、②でしょう。

母親の言動については、自覚的であれ、

無意識であれ諦めるのです。

スルーしかない状態なのです。

sponsored link

①の距離を取るは、法的手段を駆使しでも、

家出をした子供を見付ける親もいますから、

親次第では、実効性はありません。

ましてや、同居していれば話になりません。

③の家出は、少ないかも知れません。

常識的な社会システムに留まるという前提を

崩壊させない限り、長続きしません。

ある意味そこが理解出来る子供にとっては

その部分が人質に取られているのです。

社会に参加する時に、両親が健在である

ということは、様々な後ろ盾になります。

親子関係が難しいのは、情緒的にも

実際的にも、否定的な感情と肯定的なものが

折り重なって身動きが取れないことにあります。

第9ハウスが示す母親のまなざしが支える情緒的な

ものだけではないのです。

そう言った意味で、母一人、娘一人の家庭では

子供にとって逃げ場はありません。

夫婦であっても、妻から逃げる時間がなければ

夫でも持ちません。

1対1のオポジションのような関係は、お互いを

捉えて離さないので、どうしようもなく

疲れてしまうのです。

母娘の関係は、1対1であれば、180度に

なる上に、同性同士でさらに逃げ場がありません。

お互いの考えや気持ちを察し易いからです。

sponsored link

家族間の殺人事件の多さは、周知の通りですが、

通り魔的になってしまう犯人たちにしても

真に家族円満ならば他人を襲ったりしません。

愛があると感じていたら、様々な意味で

そのようなことは出来ないのです。

殺人事件に至る様なエネルギーが、

どっちつかずのまま自分の心の中で右往左往

しているとしたら、その大変さが理解出来ると

思います。

ですから、子供は弱い者イジメをしたりして

うさを晴らしたりします。

それは、大人でも同じです。

弱い方へ弱い方へ負の感情を向けていきます。

そのような負のスパイラルに参加しないためにも

出方を間違えれば殺人事件になるような嵐を

ただじっと耐えたり、抑えつけたりするよりも

能動的に諦める方法を作るしかありません。

これは、良いところ取りですから、

ある意味ずるいことですが、見方を変えれば

協力関係です。

能動的になるには、罪悪感は敵ですから、

まずは自分の情緒的な支えである第9ハウス的

まなざしと実際の母親とを分けて認識することが

スタートになります。

自分自身である第1ハウスとトラインである

第9ハウスを拒否すると、育つものも

育たなくなりますし、凹んだ時に

立ち直れなくなります。

第9ハウスが意味するものは、凹んだ時に

再度、立ち直る方法でもあるのです。

母親と子供と言えども、1対1の人間であって

そこには相性があります。

その部分と子供が生まれながらに期待する

母なるものとの関係性は別問題です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!