第12ハウスから考えるクローン犬ビジネス

死んだ愛犬をクローン技術で再生するビジネスが

韓国にあるそうです。

犬もどこからか魂がやって来て肉体に宿ります。

そして一生を終えて肉体を無くし、魂がどこかへ

旅立っていくのは人と同じです。

肉体を再生して物として扱うからこそ

ビジネスとして成立しているわけで、そこには

以前の愛犬の魂があるわけではありません。

犬にそのような技術が適用できるなら、

技術的には人にも可能なのでしょう。

亡くなった人間をクローン技術で誕生させても

中身は別の人です。

自分の知った人間が、ましてや愛情を感じていた

人間が、全く中身の異なる存在として現れたら

かえって悲しいことではないでしょうか。

それは、犬も同じです。

亡くなった愛犬は、第12ハウスにいます。

様々なものの本質は、時間の中にしか宿れません。

クローン技術で復活させた犬を通して見ているものは

第12ハウスの闇の部分ではないでしょうか。

第12ハウスにいる愛犬を闇に閉じ込めてしまう

行為に思えます。

出来れば形を見ずに魂を感じてあげて欲しいと

思います。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。