乙武洋匡さんに学ぶ牡羊座17度

1976年4月6日東京生まれで計算しています。

乙武洋匡さんの太陽サインは、牡羊座17度です。

牡羊座17度は、16度で崩壊した牡羊座を

立て直すことを目的としていますから、

16度的状況も人生に折り込まれてきます。

乙武洋匡さんの場合は、身体の条件でしょう。

受け入れるしかない精神構造がどうやって

形成されるかを語る時に一番分かり易いのは

身体的なものです。

sponsored link

私自身視覚や聴覚を失った時期がありますが、

そのような状況に陥るとある種の受け身に

ならざるを得ません。

意識は能動的であろうとしても身体が

機能しないのです。

そこにそれを上回る負荷がかかると誰かの助けを

必要として、更なる受身的姿勢が必要になります。

意識は、今までの自分を超えようとします。

ところが条件的にも、状況に対しても受け身に

ならざるを得ない場合、どうすれば自分の思いを

満たすことが出来るのかという問いが

生まれるのです。

一つだけ方法があるとすれば、状況に流されることで

自分の望むことが叶うポイントに

辿り着くしかありません。

現実的にコントロールする術を持たない失望を虚無を

受け入れなくては組み立てられない処世術です。

sponsored link

客観的にコントロールする技が、全くない

どうかではなく、主観的にはその術が

ないわけです。

ですから、その術がある人から見れば、

牡羊座17度の人が何を手掛かりに行動の指針を

組み立てているのか分からないかも知れません。

乙武氏が清原和博さんにインタビューした時に、

逆になぜそのように強くいられるのか

問いかけられたそうです。

牡羊座17度は、清原和博さんが乙武さんの立場なら

こう感じると想像するような場所から、

主体を、精神的な立ち位置を見えない世界に

動かし続けることで様々な物事を

為すしかないのです。

乙武洋匡さんは、その方法論を精神に

構築し続けてきたからこそ、

それが理解出来なかった清原和博さんから

見れば不思議に思えたのでしょう。

ですから、あれだけ叩かれた不倫問題も

相手の欲望に流される振りをして、

行ったことではないのです。

牡羊座17度の果てしない受身の姿勢を貫くことで

相手の女性の欲望を能動的に受け入れることで

行動の主体を獲得したのです。

この主体の獲得とは、乙武洋匡さんの

内面の感じ方であって、他人は見えない性質の

ものですが、本人的は、最も重要です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!