魚座に必要なパートナー

魚座であれば乙女座タイプの人が成長させてくれるような

パートナーになります。

魚座には、二つの問題があって、

一つは、日常に適応するための能力だけなら、

山羊座で完成していることです。

魚座の価値観は、山羊座で出来上がった約束事を

全て取り払おうとします。

このこと自体には、前向きな意味がありますが、

現実の生活では大変です。

二つ目は、水のサインですが、本当の意味では

誰とも引っ付けない孤独を抱えていることです。

素晴らしいことに、乙女座タイプのパートナーは、

この二つの問題点を補助してくれます。

sponsored link

魚座は、果てしなく自分を曖昧にしていくことで

現実への対応力を失ったり、他人と結びつく接点を

喪失していくのですが、乙女座タイプの

パートナーは、ひたすら余計なものを省いて

自分自身に関わるものを明確にしていきます。

そういった意味で、乙女座タイプのパートナーは、

魚座が全てにおいて無自覚になることを、決して

許しません。

細々とうるさく干渉してきます。

このような行動パターンは、魚座の弱い部分を

無意識に守ることになるのです。

魚座は干渉される部分について、意識化されことで

その部分が特化されて、それが他の人との

接点にもなります。

それは、果てしない孤独に陥らずに済むことを

意味しています。

魚座にとって、乙女座タイプのパートナーは、

なくてはならない人です。

sponsored link

良い実例かどうかは、分かりませんが、

このようなパートナーシップを体現している夫婦を

取り上げます。

魚座である男性は、他の女性の元で暮らそうと

したのですが、その準備を乙女座タイプの

パートナーに頼むのです。

この辺の意識の境界線の無さも、実に魚座的で、

個人的には、受け入れ難いものがありますが、

乙女座タイプのパートナーは、相手先でも

困らないように色々と支度をしてあげるのです。

詳細は省きますが、結局は元鞘に収まりました。

魚座の曖昧な部分に、浮気先の女性の方が

耐えられなかったのです。

結局、この魚座の男性の現実との接点を

作り出せる女性は、元の乙女座タイプのパートナー

だったということになります。

これは、極端な例かも知れませんが、その分

分かり易いので書いておきます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!