恋愛成就の裏テーマ

恋愛を成就させられる人とさせられない人との

違いは、母親にあります。

恋の出会いや交際の数は、タイミングや魅力で

変わりますが、付き合い始めた二人の恋が

守り育てられていくには、二人の母性が

必要です。

違う人間同士ですから、心底、腹が立つことが

あっても、月日を重ねていくには、

良い意味で母性を発揮するしかありません。

これは、合わなくても我慢することとは違います。

sponsored link

恋愛が上手くいかない人は、自分の魅力や

交際相手の性格等、様々な原因を考えますが、

部分的に正解であっても、核心をついていません。

月の相性や自分自身の月のアスペクトに

理由があります。

恋愛は、個人的なものだと思う人が多いですが、

実は、母親同士の相性が支配しています。

月と冥王星のコンジャンクションを持った人は、

相性の良い相手と交際しても、自分自身の中の

厄介な母親像に負けて、恋愛を中断してしまう

経験が何度かあるはずです。

月とスクエアの天体をどこかに抱えていても

なかなか折り合いがつきません。

その人の中の母親が難しいのです。

これは男女問わず、そうです。

母親との関係性は恋愛に反映されます。

これは、恋愛の裏テーマです。

簡単に言えば、酷い母親を持てば、

愛に踏み出すことも難しいですし、

踏み出しても続けることがまた困難です。

強烈な母親から自分を上手く切り離せているのか、

憎めば躓きますし、かと言って単純に

感謝も出来ない母親もいます。

しかし、単純な善悪の問題ではなく、関係性

そのものが反映されます。

そこに正解はなく、何とか昇華していくしか

ありません。

何度も異性関係に躓く場合は、母親問題を

少しずつ解消しているという見方も出来ます。

sponsored link

母親との関係性に問題があると、(占星術的には、

月のコンディションに問題があると)

そのまま愛情に反映されてしまいます。

良い部分も悪い部分もそうです。

月はオートマチックに働きますから、愛情の業は

愛情をやり取りする関係の中で解消するしか

ないとも言えます。

それでも、恋愛や結婚にまつわる愛情の背後に

それぞれの母親がいることを知っていれば

相互理解はかなり容易になります。

誰でも母親からもらったエネルギーを心に

蓄えて生きていますが、母親に対して自覚的に

なると、このエネルギーは入ってきません。

このエネルギーは、少なくなると、

人は、言いようのない不安に襲われます。

ですから、父親は否定出来ても、心底、

母親を否定することは難しいのです。

そのような理由で、母親は子供の愛情問題の

中に身を潜めているのかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!