牡牛座の本気と裏切りは紙一重

sponsored link

牡牛座は、自分に眠る才能が存在の基盤に

なっているので、自分に必要なもの以外には、

関心を向けない傾向があります。

牡牛座の関心が、本格的に始動すると

固定サインなだけに、簡単には止まりません。

堅実と思われている牡牛座のイメージからすると

意外かも知れませんが、かなり挑戦的な

試みであっても成功するか失敗するか、

完全に決着するまで実行してしまいます。

牡牛座と関わる内外の人々が、このような

姿勢に影響を受けた場合、実直な牡牛座なだけに

完全に信じてしまっているために、失敗に

巻き込まれれば現実的な被害は免れません。

牡牛座は前述した通りに自分自身が本当に

信じて物事に取り組むだけに、裏切りではなく、

被害というレベルになります。

このような状況の評価は、受け取り手によって

かなり差が出ます。

牡牛座自体がリスクを背負って誠心誠意

取り組んでいる過程を評価して責めない人も

いますし、結果だけを期待していた人とは

トラブルになる可能性もあります。

盲目的に信じて付いてきた人たちからすれば、

かなり深刻な裏切りということになるでしょう。

基本的に牡牛座は本気は実行が伴いますから、

付き合う側の判断力が問われます。

12サイン別、紙一重の裏切りは、こちらです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!