牡牛座新月の金運の成長について

sponsored link

牡牛座の新月で始まった金運は、熱を帯びて

きたでしょうか?

この熱が新しい金運の源です。

天王星がもたらす破壊と再生の中で

新しい運動が起こることで生まれる熱量が

その人独自の富の導管を作り出します。

不安定な熱は、疲れをもたらしますが、

その辺りは、自分のキャパと応相談です。

金運に対する今までの思い込みが、壊れて

落ち込んだ分を、月は慌てて再生しようとします。

この日々の繰り返しが疲れる原因ですが、

この細々とした積み重ねが全てです。

馬力のあるホロスコープを持っている人と

そうでない人の休息のタイミングは

同じではありません。

天王星も牡牛座に入ったばかりで、まだまだ

破壊の真っ最中かも知れませんが、年単位の

天王星牡牛座はともかく、まずは、気持ちと

体で金運を感じなくては、実際性は

生まれません。

個人が受け取れるものは、自分の受け皿に

応じたものだけですから、それ以上は溢れ出す

ことになります。

金運は、所詮「運」ですから、実際に受け取る

仕組みを自分の中に持てなければ、

受け取れないことになります。

現実の豊かさに親和性の強い牡牛座の視点と

それを他の誰でもない自分自身が実際に受け取る

仕組みを気持ちと体(頭、考え方を含む)に

新たに備えなくては、全てがスルーしていきます。

体力と単純に言ったら語弊がありますが、

体力や感情と呼ばれるような気持ちの在り方は、

金運と密接な関係があるのです。

実際は体力、能力だけではなく、美しさや体質、

持久力、各種能力と様々な資質が混ざり合って

その人の発揮するもの、出来るものの質が

構成されます。

何はともあれ、今は、熱が発生していれば、

スタートは切れています。

多くの人々が、自分に見合った豊かさを

享受出来る素晴らしい世界でありますように。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!