水瓶座の潜在的な力(水瓶座にとっては顕在的)

sponsored link

水瓶座の潜在的な力の現実社会バージョンです。

水瓶座と魚座の潜在的な力は、それらが現実に

置かれたものと、本来の価値と2種類必要ですが

普通、人は現実に生きていますから、

現実バージョンを書きます。

水瓶座の潜在的は、特定の地域社会に縛られない

普遍的な価値を求めることですが、それは

サインの性質であって、人間としては、どこかの

地域社会に所属して肉体を維持する作業から

逃れる術はありません。

生身の人間が水瓶座というサインを現実に十全に

生きることには不可能です。

そもそも人には感情があって水瓶座が目指す姿は

自分に対する感情的な抑圧です。

抑圧しているといつまでも洗練されない感情が

個人の中に居座り続けます。

そうは言っても水瓶座が人の感情を半ば本能的に

避けようとするのは事実でしょう。

理屈抜きで嫌なのです。

このような水瓶座の本能的とも言える性質は、

天王星的な働きを個人に与えますが、それは

素直な生産性に対して極めて反抗的ですらあります。

それでも地域社会は、必ず大なり小なり闇を

抱えていますから、そのよう水瓶座の性質が

風通しを良くすることに役立ちます。

そうであっても水瓶座が地域社会に組み込まれるほど

水瓶座らしい力を発揮することは不利益になります。

それと同時に水瓶座は、自分の中の感情や本能を

見付けますが、育ててこなかったものがいきなり

飛び出して来るようなものなので、協調性などは

二の次になります。

sponsored link

正しければ良いというくらいの認識しか

持てないためになかなか思うことが通りません。

水瓶座はエゴの扱い方がが整えられた時に

その本来の性質が受け入れられていきます。

その結果、水瓶座が元々持っていた考え方、

受け入れられる以前から持っていた思想等が

実際に力を持ち始めます。

水瓶座からすれば、そんなことは子供の頃から

思っていたことという感覚になるはずです。

人間の情動的な部分まで考慮出来るようになった

水瓶座は水瓶座らしくない水瓶座のような感じですが

客観的にはそれこそが水瓶座本人にとっては

思いもよらない水瓶座の潜在的な力です。

現実に生きねばならない以上、水瓶座の価値を

生きることは非常に難しいものなのです。

水瓶座を現実的に考える場合は、副支配星である

土星の動きも考慮すると参考になる部分もあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!