虐待と私

sponsored link

虐待を受けて育ったと言っても、本当に

その程度は人それぞれで、そこからの

回復の道のりも一言で言い表せない

ものがあります。

私自身の育った環境も他人に言わせれば

十分虐待と呼ぶに値するそうですが、

どうしても自分が育った環境を基準に

考えるので、普通とは言いませんが

特別であったと感覚的に捉えるのは

やはり厳しいものです。

ただ同じような境遇の子供の話を聞いたり、

どこかの幼児さんが泣き叫ぶ声を聞くと

その親を退治しに行きたくなります。

他人の家で虐待されている動物も、何度か

飼い主に直接的に交渉に行きましたから

やはり、気持ちのどこかにレアな部分が

未だにあるのでしょう。

話している時は気付きませんが、こうやって

文章にすると自分に対して他人事な態度に

気が付きます。

パートナーから頻繁に指摘されますが、

この自分との距離感は治りません。

意識と感情がある程度乖離しているのだと

思います。

その影響があってか、内面はかなり

冷静な状態でいられますから、何事にも

良い面と悪い面があるものです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!