第12ハウスを利用してミラクルを起こす具体的な方法

sponsored link

第12ハウスを利用してミラクルを起こす

具体的な方法に付いて書いています。

やっと具体的な方法について文章化出来ました。

まだまだ発展の途上ですが、こうすれば

第12ハウスを目覚めた意識でちょっとでも

把握して利用出来るかもという記事です。

このブログにとって占星術の肝は第12ハウスに

あると言うか、被虐待者や何らかの理由で

凹んでいる人や死にたいような気分の人、

今の自分を超えたい人に幸せになってもらう方法

として第12ハウスのミラクル的性質の利用を

勧めていきたい願いがあります。

まずは1号記事です。

明日の天秤座の満月の大切なポイント、その1

「社会的成功ですから成功に必要なものは

似ていて当然です。

そうなると誰かを参考にするでしょう。

しかし人によって成功に関する要素を

組み立てる順番は異なります。

その人に合ったやり方があります。

合ってるかどうかは好みかどうかです。

不幸になる人は努力と称して嫌いなことを

自分にさせます。」と書きました。

天才は知りませんが普通の人は誰にでも

実行可能な手段の組み合わせで願いを

叶えますから、目的とするものが同じコースに

あるならばそれを達成している人の真似を

することが形の上での成功は

手っ取り早くなります。

しかし真似たからと言って完全に同じような

ものは出来上がりません。

単純に技術や経験の差もありますが、同じ行為や

ものに対するイメージがまるで違うからです。

身体に何らかのハンディがあったり、虐待された

ような経験があるとそれだけでも同じ

アプローチは不可能になりますし、同じように

捉えていては同じ結果は出ません。

そもそも同じ行為に対して完全に同じように

感じている人はいません。

ある程度似た感覚同士であれば共感は可能ですが

それでもまったく同じではないのです。

身体にハンディキャップがあれば尚更です。

例えば「お墓参りに行くと運が良くなるよ」とか

「神社に参拝に行くと良いことがあるよ」と

言われて実行しても、スピリチュアル的や

第12ハウス的なものは恐ろしいほど

形と中身が違う場合が多々あります。

例えば生前、散々お金を貸してくれた人が

亡くなって、その人の実家を訪ねても線香の

1本も上げようとしない人もいます。

しかし、そのような人であっても運が良くなると

聞けば、宗教の行事等に参加してお祈りをしたり

写経をしたりするのです。

これでは第12ハウス的な奇跡はまず

起こりません。

第1ハウスのような自我の力で本音を隠さずに

行動した方が運は良くなります。

sponsored link

第12ハウス的なものの把握について

他の例で考えます。

力があるのに粘れない人は、心や身体が自分が

思っているよりもはるかに冷たくなっています。

それは心理的なものに限れば、目標に対する

イメージが非常に限定的になっている状態です。

自分が望んでいるはずの状況に対して記述

してみるとすぐに分かりますが、ほとんど

書けないと思います。

あれが欲しいとか、こうなりたいとか

1行で終わることも珍しくありません。

力がなくても粘れる人はこのイメージが

まるですでに願いが叶っているかのように

豊かです。

こんな人の願いは遠からず叶います。

これは手段ではありません。

本当に好きだったり本当に欲しかったり、

意味不明な望みであっても本当に

求めているからです。

誰にでも絶対に叶えたいことはあります。

それが見えなくなるのは、その願いが

学校でも職場でも、社会においてさえも

評価されないように思えて育てる機会が

ないだけです。

この部分がある意味、文章化可能な

第12ハウスです。

社会的損得では割り切れない願望です。

自覚出来る第12ハウス的エッセンスと言えば

良いのか分かりませんが、そんな感じです。

これは生まれて来た意味みたいなものですから

これに触れる手段を大切にすると、時と場合に

よっては幸福な上に裕福にもなれます。

今日であればイチロー選手にとっての野球が

そのようなものの例えになるかも知れません。

誰もが羨む境遇になれなかったとしても

必要な時に必要なものが得られる豊かさと

幸福感を得ることは出来ます。

第12ハウスを使うと良いことがあるという

記事を沢山書いていますが、スピリチュアル

な範疇に入ってくるものは、感覚、捉え方が

人それぞれ過ぎるので文章化するのは

かなり挑戦です。

最後に誰にでも出来る現実的な第12ハウスの

把握方法としてお勧めしたいのが、自分自身の

願望を無理矢理200個くらい書き出して

みることです。

はっきり言ってまともな願いは不要です。

奇妙奇天烈な願いほど大切です。

その願いを現実に置き替えるにはと最終的に

考える必要はありますが、まずは魂の本音を

聞き出すことが先です。

聞き出して理解した後に、現実的な手段や

目覚めた意識のままでどうやって触れるのか

と言った問題になっていきます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!