生き辛さに対する身体(月)そのものへアプローチ開始

sponsored link

恵まれない月のアスペクトの真の意味

と言う記事に難しい月を抱えている人を

通して、辛い状態にある人の可能性や

限界に付いて書きました。

現代ならではの第12ハウス的金運

という記事は、月の相性を利用する金運

に付いて書いています。

本当は太陽サインを使うことで未来は

開けていくのですが、生き辛い場合は

月を特別に扱うことが必要になります。

コンディションが悪い月は努力して得たものや

愛を維持出来ません。

積み重ねが波打ち際に作られた砂の山のように

流されていきます。

月を扱うと言っても月は占星術的感受点であり

どのように扱うことを提案したら良いのか

考えてきました。

占星術と親和性があるので、スピリチュアルな

アプローチも考えましたが、霊媒体質ならともかく、

スピリチュアルな感覚を日常的に持つのも

難しいものがあります。

占星術でもスピリチュアルなアプローチでも

ありませんが、月は身体や身体と魂を繋ぐ

ジョイントのような役割がありますから、

身体を整えることで傷付いた月が癒すことが

出来ます。

身体は誰でも持っていますし、その変化が

自分の感覚で手に取るように分かります。

身体を物質的に捉えずに精神的な価値と

紐づけることが出来ればスピリチュアルな

要素も出て来ます。

身体の柔らかさと幸運という記事を書きましたが、

身体は現実的な幸せを受け止める大切な器です。

そのような意味もあって

肌が汚くなり易いタイプの人と火星の関係

という記事も書きました。

肌や髪が美しい女性は幸せになり易い傾向があります。

恵まれた環境だから肌や髪のお手入れに

お金や時間をかけられるという言い方も

出来ますが、身体だけを認識してアプローチすると

機械的になったりしますから、太陽サインや

月サインの性質を考慮して直接身体や

その周囲の環境をケアする方法が現実的

だと思い至りました。

愛はあるという感覚を占星術を通して

言葉で伝えたいと思ってきましたが、

身体にアプローチする手段と併せて

これからブログを書いていきたいと思います。

このような結論は個人的に大きなことだったので

記事にしてみました。

私個人が月を育て直す時に様々な精神的

アプローチを試みましたが、一般論では

肝心な部分に触れることが出来ません。

その点、ホロスコープは自分そのもので、理解が

深まる度に解釈も幅が出たり変化します。

そのような認識の変化こそが自分を

育て直すことを意味します。

そして、それと同時にスポーツを通して身体

からも徹底的にアプローチしました。

最近は身体的な側面をスポーツをしていた頃と

比較すると身体と真剣に向き合っていませんでした。

かなり時間が経過してしまいましたが、もう一度

身体を通して月を育ててみたいと思っています。

sponsored link

嫉妬や憎悪関連の記事もそれなりの数が

ありますが、このような感情が根深くなるのは

やはり月のコンディションが良くない場合です。

そこには被虐待的パーソナリティーや

攻撃性が内向しているという意味では

鬱も入るでしょう。

恋愛記事も少し書いていますが、そのような

記事も月(心の傷)の回復や自分自身を

育て直す時や第8ハウスは再び生まれ直す場所

に書いたように月が傷付いている人こそ

自分に相応しいパートナーの存在が必要だからです。

このブログは虐待を初めとして、何らかの

理由で生き辛いタイプの人が自分らしく

幸せに生きられるようになるための視点や

方法について占星術的術語を用いて書いてきましたが

占星術そのものは、見えないものを説明する

手段に過ぎません。

占星術にその人自身を変える力そのものはない

という意味です。

少し変な例えですが、防犯カメラが犯人を

映して録画するだけで、捕まえてくれないことと

似ています。

そのような面を補えるように第12ハウスを

利用した幸運術を幾つか書きましたが、

第12ハウスは変幻自在という意味では便利ですが、

誰にでも扱い易いものではありません。

生き辛い状況の突破口として、誰のホロスコープ

にもある蠍座、魚座の利用やそれらの支配星である

海王星や冥王星について幾つか書きました。

水のハウスは生まれ変わる機会を与えてくれます。

魚座や第12ハウスを抜けると牡羊座や

第1ハウスがあり、そこで精神を見つけた魂は

今度は身体を見つけて体という穴倉に閉じこもります。

第2ハウスや牡牛座です。

牡牛座の支配星は金星です。

少し飛びますが金星は天秤座の支配星でもあります。

身体そのものは五感を通して満たされなければ

ならないと同時に身体の輪郭は整えた状態で

なければ快適とは言えません。

このような意味で月を育て直すためにスピリチュアルな

方向からアプローチするよりも身体からコミットする

方法を書いていくことにしました。

それは身体そのものに対するアプローチです。

簡単に言えばダイエットや筋トレや運動等の

身体の仕組みを前提にしたシェイプアップです。

そして精神と身体が繋がりを失わないように

可能な限りホロスコープと照らし合わせて

書いていきたいと思います。

関連記事

傷付いた月と身体へのアプローチの関係

射手座を使って月を癒しながら美しくなる方法

射手座が表す腰、お尻回りのぜい肉を落とす

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!