大切な人になれる相性となれない相性の別れ道

sponsored link

深い関係になってもそれだけで終わる人もいれば、

そうなる前にプロポーズされる人もいます。

このような違いを一つの記事に詰め込むのは

無理ですが、それでもポイントを上げるとすれば

月サインとタイミング(トランジット)です。

モテる、モテないという交際の縁で言えば

金性や火星のコンディションで交際のチャンスの

多い少ないがあります。

後、見落としがちなのが、どんなタイプの人に

モテるかということもあります。

他にも自分から口説きたい、告白したい場合も

あるわけですが、同様に相手からそのような視点で

狙われた?時にターゲットになるのが

アセンダントです。

単純に雰囲気が好みとか、この部分がポイントとか

誰にもグッとくるツボがあります。

変な話ですが、このツボは他人に理解されない方が

交際が深くなります。

自分や交際相手をしっかりと理解して付き合って

いるからです。

やがて深い関係になっていきますが、ここに

ちょっとした別れ道があります。

行為の相性は火星や金星ですが、気持ちに関しては、

月のサインが働き易くなります。

年齢を重ねるほど男女問わず気持ちの相性の割合が

大切になっていきます。

悪く言えば体力が衰え、良く言えば落ちついて

気持ちに対して繊細になるのです。

女性であれば月サインの楽しさと金星サインの

楽しさの違いに早くから気付かれていることが

多いようです。

月と金性のアスペクトが調和的に働く人がモテたり

愛情関係において満足度が高くなるのはそのためです。

長期的な関係であれば月サインの相性を優先した方が

何かと破綻は少ないですが、金性のアスペクトが

華やかだったり、火星のアスペクトが強い場合と

様々なニーズを抱えている人もいるので、何が正解

ということはありません。

ただ月サインののニーズと金星や火星のニーズは

別々に働いているという認識があれば選びようが

あると思います。

いい恋愛はどこかで割り切った考えが必要になります。

いい結婚も同じです。

同じ人間同士が恋愛から結婚生活に移行しても

違った感じ方をします。

そう言った意味では太陽サインや月サインが

もっと言えば土星サインの方が大切かも知れません。

取りあえず深い関係は月サインを中心にして

考えると理解し易くなると思います。

デートでは盛り上がっても、深い関係になると

「ん?」と感じる相性は月サイン感覚に依ることが

多いでしょう。

デートの延長線上に深い関係における行為を

位置付けるならば金星や火星の相性です。

この微妙な別れ道はトランジットが二人のコースを

切り替えるタイミングもあります。

簡単に言えば恋愛に熱中し過ぎて月サインを

重視しないタイミングもあります。

月サインから見て太陽サインの相性が悪くても

気が付く前に結婚する場合もあります。

同じ人の中に様々な要素がある以上、運命のいたずら

とも言うべきタイミングはとても重要です。

お互いの月サインの世界に入っていけるタイミングを

見失うと時間を無駄にしたかなとか、悪いことを

したなとか、裏切られたとか様々な感想だけが残ります。

月サインが入っていけない時に人は自分の想像の中で

月サインの要素を満たして深い関係の行為に及んでいる

場合もあります。

言えないのです。

関係性が続くには、必ずしも言語化する必要はありませんが

表現して受け入れられる必要はあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!