アスペクト別、会話が弾む相性(水星と金星)

sponsored link

交際している二人に水星と金星のアスペクトが

あると基本的に会話が弾む関係になります。

何かしら強い印象を感じるのはコンジャンクションや

オポジション、スクエア、トラインくらいでしょう。

セクスタイルだと何となく楽しいくらいかも知れません。

コンジャンクションであれば、

金星サイン側の人のセンスが自然と水星サイン側の

人に流れ込む形で盛り上がります。

友達から恋人に発展し易い相性です。

もちろん、他の要素も大切です。

オポジションであれば、

水星サイン側の人は、金星サイン側の人の持つ

センスに魅力を感じることで話が弾みます。

そのような気持ちは金星サイン側の人にも

伝わるので更に盛り上がります。

友達から恋人に発展し易い相性です。

もちろん、他の要素も大切です。

スクエアであれば、

金星サイン側の人のセンスを水星サイン側の人が

どのように感じるかが問題です。

金星サイン側の人の魅力に弄ばれるような感じに

なるのですが、それを魅力的に感じるのか

腹立たしく感じるのかで印象は正反対になります。

ホロスコープを通して考えるのであれば

お互いのサインやハウスを始めとして

太陽サイン、月サインと総合的に考えて下さい。

トラインであれば、

気の合う関係でありながら、タイプは異なるので

飽きが来ることなく会話が続きますが、何か

きっかけがないと友達止まりかも知れません。

セクスタイルだと余計にその傾向が強くなり、

仕事での相性の方が円滑な会話になり易いかも

知れません。

他の部分に楽しさプラスアルファがあれば

かなり良い感じになります。

クインタイルであれば、

金星サイン側の人のセンスに刺激されて

水星側の人にクリエイティブな発想が浮かび易くなる

可能性があります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!