太陽と月のアスペクトはあった方が良いというお話

sponsored link

太陽と月はスクエアであってもアスペクトが

あっても良いかも知れません。

扱い易いアスペクトの方が現実的には

楽でしょうが、太陽と月のアスペクトは

無いよりあった方が物事を実現する力は

強くなる傾向があります。

スクエアとかのアスペクトであればギクシャク

するリズムになるでしょうが、いつまでも

そのような状態はしんどいのでスクエアの

サイン同士の落としどころとなるような

愛を作り出せるはずです。

太陽と月のアスペクトが無い場合はアスペクトが

ある場合と比較してより強く圧力(努力の蓄積や

集中力)を加える必要があります。

太陽と月のアスペクトがなくても角度の幅によって

ある程度傾向がありますから、気になる方は

誰かに見てもらうのもありかも知れません。

ネイタルのホロスコープに太陽と月のアスペクトが

存在しなくても本人の目的の持ち方によって

生まれてくる何かしらのハーモニックナンバーで

太陽と月のアスペクトが発生している場合もあります。

太陽と月が作り出す幅は願いが叶う傾向が理解

出来ますから一度確認すると面白いかも知れません。

ちなみに太陽と月のアスペクトがスクエアの場合は

葛藤をエネルギーにして行動力をもとに様々な

願いを叶えていきます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!