交際に同意が必要で別れる時に要らない理由

sponsored link

交際する時はお互いの同意が必要なのに

別れる時は同意が要らないのは何故?

という文章をネットで見つけました。

最終的にやはり相性は大事というお話です。

一人の人間としてお互いの意思に責任を

持ってもらわなければいけないという

前提で世の中は進めていくしかありませんが、

本来人の意思や気持ちはそれほど

確かなものではありません。

ホロスコープの中身(天体、星座、ハウス、アスペクト)を

見ると分かりますが、本当に様々な要素で

人の気持ちは出来上がっています。

そもそも交際する時であっても自分の全てが

相手の全てに同意しているわけではないのが

簡単に分かります。

どこどこは不満だけれども全体的にはOKとか、

性格によっては交際が順調な時は自分にとって

不都合な相手の要素を無視する場合もあります。

そもそも交際するかどうかは、交際するが

51~55パーセントくらいで交際しないが

49~45パーセントくらいかも知れません。

sponsored link

「えっ」と思われるかも知れませんが、

出会いのシチュエーションが違えば付き合って

いなかったかも知れません。

そんな気持ちにならなかった可能性もあります。

タイミングが違ってもそうです。

交際が始まったということは「交際する」という

気持ちが一時的に勝っている状態です。

その証拠に交際期間が長くなったり、社会契約

である結婚生活に入っても、一歩間違えば

交際しない選択をしたであろう残り45~49

パーセントの合わない部分が衝突して

ケンカをしたり、場合によっては離婚したりします。

交際してすぐ別れるような場合は、そもそも

交際する気持ちが10パーセントくらいで

交際しないが90パーセントだからそうなります。

交際を決めたその10パーセントの気持ちや理由は

何だったのかは、交際期間が短い場合ほど

想像し易いと思います。

一応、最後にまとめます。

交際する時は同意が必要なのに別れる時に同意が

要らないのは何故?という問い自体が少し

違っているということです。

確かに表面的にはそうですが、そもそもお互い

100パーセント相手を肯定しているわけでは

ありません。

もっと言えば自分のことすらそうです。

そうすると仮に相手を51パーセント肯定して

交際が始まっても、その51パーセントに対して

半分しか自信がなかったかも知れません。

もしかしたらほとんど自信がない場合もあります。

このように気持ちは不確かで一方的に別れを

告げる時でも一定の礼儀は守りたいものです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!