第12ハウス

ライターはwankoです。

第12ハウスに付いて基本的なことを書いています。

sponsored link

ハウスとは何かを考える 第12ハウス

いよいよ全ハウスの最後の段階、12ハウスについてです。

第1ハウスから続いてきた経験のすべてがここで

統合されなくてはなりません。

大人としての人間の完成は第10ハウスが示しています。

ですが、この第10ハウスというものは、具体的な

場の中で形成されてきた人格・能力を表していて、

それは植物に例えるなら特定の温室や植物園にしか

育たない花のようなものです。

その場から引き抜くと死んでしまう性質のものです。

特定の会社で業績を上げたとしても、辞めてしまえば

何も残らない、それが第10ハウスの特徴です。

第11ハウスでは、水瓶座に対応する風の要素の流通性

という事も兼ねて、特定の場の依存によってしか

成り立たない自己像というものに危機感を感じます。

いつでもどこでも通用するとは何かを考え

第11ハウスなのです。

それに対し第12ハウスは、かかわり合いを望まなかったり、

孤独の中で仕事をしたりするようになります。

そのため、対人或いは対社会的に見るとまるでひきこもりの

ような状態になりがちです。

その一方、精神においてはどこにも縛られず無限に

開かれた要素が強く、実際影響力としては最も強大な

力を持っています。

人が自分自身のことを考えるとき、この自分という

意識のどこに重点を置くかによって、見えてくる世界は

まるっきり違ってきます。

感覚依存の中で意識形成してる人は、感覚的な刺激を

奪われると何も考えられなくなり、自己意識が

ばらばらになります。

歯が痛いだけで思考力が働かなくなるとか、血糖値が

落ちるともうろうとしてくるように。

誰しも感覚・感情と思考というものは密接ですが、

人生観や考え方が、目に見える物質性や感覚性に

支配され過ぎると、本当の意味で人間性を

見つめることができなくなります。

第12ハウスはこうした環境や社会、或いは感覚など、

目に見えるものに支配を受けないところの自分

というものを作り上げるための経験の場でもあるのです。

第10ハウスでは、社会のルールが最も重大な支配力を

握っていたために、戦場では敵国の兵士を殺す行為が

称賛されます。

第10ハウスの特定社会の価値観ということに

支えられて自己意識を作り出すことを意味しています。

しかし普遍的な立場から見ると、戦争であっても殺人を

することは間違っています。

「イラクは間違った政策をしている。だからイラクの

兵士を殺すことは正しい」というルールは、一時の

アメリカが陥った考えでした。

これも特定の社会との関係で、自己という意識が

作られていることを表しています。

もしアメリカが滅びてしまう時は、この価値観で

生きる人は共に滅びなくてはなりません。

第12ハウスは、こうした社会依存や感覚依存から

自由になって、あたかも「中空に浮かんだ」かのような

ところで自己を醸造するのです。

sponsored link

12という数字は、タロットカードでは

「吊るされた男」になります。

手足を使えず中空に吊られている姿のこのカードは、

第12ハウスとかなり類似したイメージを

持っています。

第10ハウスの社会的価値観に寄りかかり、自分の魂の

問題として全人格的に考え思う努力を怠ってきた人は、

第12ハウスで自己確認するための鏡を失うことになります。

そのため時として本人も驚くほどの暴走をしてしまう

恐れがあります。

例えばインターネット、これは第12ハウスが

象徴するものです。

体はどこにいるかわからないけれどもメッセージは

世界中を駆け巡ります。

これはまるで人の死後、魂は空間に広がるという

このハウスそのものの性質です。

日頃はおとなしいのにネットではやりたい放題な人は、

「中空に浮かんだ状態」で真っ直ぐに立って

いられない人なのです。

つまり自分を維持するには、なにか感覚的に大きく

依存しているものがあるということなのです。

もう一度厳しい監視者のもとにその人を

戻さなくてはなりません。

かつての占星術では、第12ハウスは良からぬ意味が

羅列されたハウスでした。

これらは執筆者自身が魂の自立をしていないからです

実際に第12ハウスで良くない出来事が起きるとしたら、

その人に欠けた部分が影のように浮上してきたという事です。

一方、感覚に依存しない魂の自立を真剣に考える人にとっては、

12ハウスは果てしない解放と喜びが訪れる場所です。

本来はこのようにあるべきです。

こうした観点から、第12ハウスがもたらす仕事は、

セラピー、芸術、利他の心で取り組む公職などが

あげられます。

第12ハウスに天体がある人は、その天体の意味において、

一時の社会的価値や感覚に振り回されない純化された

働きを得ようとするでしょう。

第1ハウスからの総決算として、生き方の最終的

スタイルを模索するのです。

第12ハウスはまた、第10と第11の調停作用を

持っています。

第10ハウスはローカルな社会的価値、第11ハウスは

それに対し批判的、反動的な行為を意味します。

この二つを混ぜて、過去に支配される第10ハウス、

未来に支配される第11ハウスを中和することになるのです。

第11ハウスはしばしば過激ですが、第12ハウスは

滅多に過激な行動を取るこはありません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!