第12ハウスに眠る無限力のしるし

sponsored link

無限力の目印というのは、第12ハウスという

意識に浮かぶある種のイメージで、

自覚することで、追い求めたくなるもの、

生き甲斐、幸福の源、生きる理由、

色んな表現が出来ます。

人がつかむのは、イメージですが、

実際に、第12ハウスに内在しているものは、

その人に関わる様々な原型みたいなものです。

これを、自分の月が作り出すイメージと

すり合わせて、ぴったり合うものだけが

第12ハウスから拾い出せるのです。

第12ハウスを、その人の命の泉だとすると、

底に魂の原型の石があって、

その小さな割れ目から、生きていくために

必要なエネルギーが泡みたいに

少しずつ水面に向かって上っていくのです。

その泡の一つを月がキャッチします。

泡の中に浮かぶ絵を、月は見ます。

月が捕らえたイメージは、命の欠片ですから

扱い方を間違えると逃げ出します。

幸運を手放したことと同じです。

どのように育てていくか、

それが第1ハウスから第11ハウスであり、

月から土星、天王星くらいまでの流れであるという

言い方も出来ますが、どの時点で、

第12ハウスにある目印を見付けるかは

個人差があります。

早く見付けられる人は、天才ですし、

見つければ、嬉しくて、それに向かって

努力せざるを得ません。

sponsored link

目印自体は命の欠片の欠片みたいなものですが、

何かの拍子に、それに何となく触れても

感動は大きいですし、そのような体験が

ヒントになって、何かを始める人もいます。

旅先で見た何気ない街や風景、すれ違った人、

何となく観た映画等々、何気なく触れてしまって

不思議なくらい嬉しくなったりするのです。

それを偶然ではなく、一つのイメージとして、

感じ続けるられることは、かなりHAPPYな

精神状態です。

変な話ですが、肉体的な不感症は、自分の命から

遠ざかり過ぎてしまっている状態だと思います。

なぜなら肉体から魂が抜けたら、死体だからです。

虚しい理由を理性的に色々述べる人たちがいますが、

自分の命から遠ざかるほど、あらゆるものが

虚しく感じられたり、意味がないように思えるのは

当然のことです。

ですから、意味に飢えた状態から解放されるために

意味を求めても解決にはなりません。

種が自然に育って咲こうとするように、

実を結ぼうとするように、理屈ではないのです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!