心に闇を育て易い火星と土星のアスペクトは大器晩成タイプ(対策有り)

sponsored link

心の闇という表現はある意味とても陳腐ですが、

一言で言えば、やはりそのような言葉が

当てはまるアスペクトは火星と土星の組み

合わせを含んだアスペクトです。

まず基本的なアスペクトの組み合わせとして

火星と土星があります。

苦しみや悩みと同時に非情さを伴いますが、

達成率の高い実行力を意味します。

狂気とまでは言いませんが、怒りを爆発

させたい気持ちを常に抱えています。

それを小出しにするようなコントロールを

利かせながら、コツコツと努力をする

忍耐力のあるタイプの人でもあります。

とにかくしぶとく頑張りますから、最終的には

心の闇に負けずに何らかの成果を手に入れます。

しかし、これは心のどこかに希望がある場合で

あって、絶望的な感情が強くなると必ずと

言って良いほど暴力行為を働きます。

それはパワハラかも知れませんし、親であれば

子供を殴るでしょう。

格闘技やフルコンタクト系のスポーツで

そのような衝動を発散する場合もあります。

このような怒りの解消も無理な場合は、嫉妬や

憎悪の感情に捉われ易く次第に憂鬱な気持ちに

沈み込んでいきます。

その結果、次第に闇のような部分が増大していきます。

このようなタイプの人は何かの依存症であっても

発散出来るものがあれば、まだ救われます。

実際のホロスコープでは二つの天体だけの

シンプルなアスペクトはあまり存在しませんから、

火星と土星のアスペクトに何の天体が関わるかで

ニュアンスが変わってきます。

太陽が関わると

自分を含めて人を信用するのが困難になります。

月が関わると

こちらの記事に書いています。

天王星が関わると

火星と土星から生まれるような感情に対して

肯定的になるために孤高の人になりがちです。

第三者から見たらプライドの高い鼻持ちならない

人に見えるかも知れません。

海王星が加わると

特殊な特技を持てなければトラブルだらけの

人生になるかも知れません。

冥王星が加わると

残念ながらかなり危険です。

危険過ぎるが故にかえって自分を抑え込む人が

ほとんどですが、そのような傾向は自分自身を

被害者に仕立て上げます。

強烈な怒りを健全に生かせる方向性見出し、

それに必要な知識や技術を身につけましょう。

それぞれの天体がどのハウスにあるかも、

その働きに大きな差を作り出します。

sponsored link

女性と火星と土星のアスペクト

女性にこのアスペクトがあると恋愛関係や結婚生活に

おいて困難を感じ易い傾向がありますが、自分自身の

攻撃性をきちんと生かせる仕組みが持てれば、

その限りではありません。

男性に甘える自分を受け入れ難い側面と甘えたい

自分とのバランスを取ることが難しく、その葛藤が

上手く解決されないと何かの依存症になりがちです。

一般的な飲食物による依存症。

行為に関する依存症。

特定のパートナーに束縛されたくないために

肉体関係の対象を変えてしまう恋愛依存症に

なりがちです。

心に闇を育てないためには、火星と土星が作る作用が

月が育つ環境を損なわないように注意を払いましょう。

火星と土星のアスペクトは、自分(月)を痛めつけてでも

目標を達成しようとします。

1、十分な睡眠を心がけましょう。

徹夜は自慢になりません。

2、適度な有酸素運動やストレッチをしましょう。

人間はマシーンではありません。

3、適切な食事を心がけましょう。

4、火星と土星のアスペクトを持っている人は

自分自身を実績で評価する傾向が強く、ありのままの

自分を認めてあげる大らかさに欠けます。

自分を褒めてあげましょう。

5、シャワーで済まさずにお風呂に入りましょう。

定期的に温泉に通うのもお勧めです。

6、世界は個人に完全さを求めていません。

大切なことは自分らしさです。

自分らしさとは、自分自身のコンセプトです。

その視点が無ければ努力は苦しいですし、

あれば努力は楽しくなります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!