恋愛依存症を克服する姿勢

sponsored link

恋愛依存症の相性の置き替えを考える時には

占星術的な知識も必要ですが、最も大切なことは

自分自身の個性を積極的に生かそうとする

姿勢で生活することです。

恋愛依存症は悪いことではありませんが、何らかの

理由で心の傷を抱えています。

心に深い傷を抱えている場合、様々な面で

一般的な基準に合わそうとすることは自分を

幸福にしない傾向があります。

自分のことを恋愛依存症かもと思っている人は

ホロスコープを詳細に考えるよりも心の傷を

背景にした自分だけの狭い個性を積極的に

追及することで自分に合った恋人やパートナーに

出会うことが出来ます。

自分はこれしか出来ないとかこのようなことにしか

対応出来ないということを弱みと考えるのではなく

武器や長所だと考えて出会いを求めたり現在の

関係を見直すのです。

特に恋愛はその他大勢の競争ではなく価値観

ですから積極的に生かす方法を探した方が

上手くいきます。

そのような姿勢に気持ちかがならないと同じような

占星術の知識があってもどのように相性の置き替えが

起こっているのか理解し難いと思います。

他人と自分を比べるような競争意識的な視点から

降りて心の傷に合った個性を伸ばしていけば

競争自体から解放されます。

競争から降りたら余計な媚びを売ったりしませんから

最初から本当に愛してくれる人だけと縁が

出来易くなります。

本当は恋愛依存症というものは存在しません。

自分の個性を積極的に生きられない時に

そのような状態に陥るだけです。

気持ちが変わればすぐに運命は切り替わります。

自分の個性を積極的に生きない場合は背伸びしますから

様々な嘘が本当に必要な愛を遠ざけてしまいます。

これはとてももったいないことです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!