自分にとって愛されることの意味(槇原敬之さんの例)

sponsored link

自分にとって愛されることの意味という

難しそうな記事タイトルにしましたが

見るポイントは第11ハウスの支配星の

あるハウスと第11ハウスの関係です。

1、槇原敬之さんの例

2、月星座双子座を加えて考える場合

槇原敬之さんの月星座は双子座です。

槇原敬之さんの例

槇原敬之さんの第11ハウスは、射手座です。

支配星は木星になります。

この木星は乙女座の第8ハウスにあります。

第11ハウスは愛を求める気質(愛を受領する)

という側面があり、第8ハウスは他人から見た

自分の価値を表すハウス、他者を通して自分の

価値を感じるハウスです。

槇原敬之さんは第11ハウスに火星があるので

自分にとって有能なタイプの人を好む傾向があります。

このような第11ハウスの支配星である木星は、

第8ハウスにあります。

これは意味深です。

第8ハウスは何度も深い関係で取り上げています。

深い関係も色々ですが、創作においても恋愛においても

自分にとって役に立つタイプの人を選ぶというのは

露骨な表現を選択するとかなり際どい表現になります。

sponsored link

槇原敬之さんの場合は愛においてかなりエゴの強さが

前面に出るようなイメージが湧くのは1度目の逮捕、

2度目の逮捕の時に報道されたパートナーとの

関係から仕方がないかも知れません。

しかも火星ですから愛を求めると言っても

気持ち的には待つ感じではなく駄々っ子では

ありませんがかなり強い感情を持ちます。

大人になれば手練手管を用いるような感じになります。

逆に自分にとってもっと役に立つタイプの人が

(第8ハウス絡みですから、もっと好きな人)

表れれば、それまでの人と別れることになります。

火星絡みですから、トランジットやソーラーアークの

影響、元々のネイタルのホロスコープから生まれる

キャラクターにも依りますが振っても振られても

傷ついたり傷付けたりしてもめる傾向があります。

愛されることに積極的、積極的に愛されることを

求めるタイプの人です。

月星座を加えて考える場合

槇原敬之さんは、月星座が双子座ですから

自分自身の好奇心が優先される部分が強くなります。

月星座が双子座の人はとても繊細ですが、

自分自身が頑張って欲しいものを手に入れることに

躊躇したり疑問を感じるようなタイプの人ではありません。

他にもホロスコープ全体の影響を受けながら

外側に向かって表現されていきます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!